クンニのやり方:女性が悦ぶクリイキ(外イキ)テクニックを解説

男性から女性に対する前戯の定番といえば、手マンとクンニ(クンニリングス)です。

特に、クンニが好きな女性は多く、クンニだけで性的絶頂(オーガズム)に達することも珍しくありません。

しかし、クリイキ(外イキ)させるには、男性側に知識とテクニックが必要で、闇雲に舐めても女性を悦ばせることはできません。

この記事では、女性が悦ぶクンニのやり方と、クンニでクリイキ(外イキ)させる方法について解説します。

プロフィール
この記事を書いた人
男鹿ひろし

自称「エロの化身」、あだ名「エロ魔人」、元カノからの呼ばれ方「エロし」。趣味は風俗・出会い系・AV鑑賞、一日の9割はエロイことするかエロイこと考えてる社畜。ブログもよろしく。

男鹿ひろしをフォローする
出会えない人がいない

クンニとは

クンニとは、オーラルセックスの一つで、女性の性器(マンコ)を舐めて刺激することです。

クンニで女性を悦ばせるには、女性のデリケートゾーン(陰部)の構造を知り、正しい場所を刺激することが重要になります。

女性のデリケートゾーン(陰部)の構造

女性のデリケートゾーン(陰部、マンコ)は、誰でも知っているクリトリス(クリ)だけでなく、恥丘、大陰唇、小陰唇、膣前庭、外尿道口、膣口、会陰部と呼ばれる部位があります。

出典:デリケートゾーンについてもっと知ろう|フェミニーナ🄬|小林製薬

デリケートゾーン説明
恥丘

(ちきゅう)

恥骨のカーブに沿った、緩やかで硬い丘状の部位

陰毛で覆われていることが多い

大陰唇

(だいいんしん)

恥丘の下から肛門の近くまで続く割れ目の左右にある、皮膚が盛り上がった部位

尿道や膣口、クリトリスを優しく覆って保護する

小陰唇に比べると鈍感な部位だが、クンニをする場合は大陰唇から始めるのが基本

小陰唇

(しょういんしん)

大陰唇の内側にあり、クリトリスから会陰の近くまで続くビラビラしたヒダ

ヒダの長さ、色合い、左右の違いなどは一人ひとり違う

血管組織が集中しており、ちょっとした刺激や傷で大きく腫れあがる

大陰唇よりも敏感で、性的に興奮すると左右に開く

膣前庭

(ちつぜんてい)

小陰唇の内側、クリトリスと膣口の内側にある部位

性的快感が高まると、スキーン腺液とバルトリン腺液(どちらも女性の愛液)が分泌される

クリトリス小陰唇の上にある、小さな隆起

陰核ともいう

男性のペニスに当たる部位で、性的に興奮すると勃起する

外部に露出している部位の中では一番の性感帯で、刺激するとクリイキ(外イキ)する

外尿道口

(がいにょうどうこう)

クリトリスの下側にある部位

膀胱から尿道を通っておしっこが排泄される

尿道口と膣口に挟まれたエリアを「カリナ」または「Uスポット」といい、Gスポット並みの性的快感が得られることもある

膣口

(ちつこう)

膣の入り口。

外尿道口の下にあり、柔らかい粘膜でできており、柔軟性と強靭性に富む

クリトリスやカリナ(Uスポット)と比べると鈍感な部位で、性的興奮を得られるようになるには開発が必要

会陰部

(えいんぶ)

大陰唇と小陰唇が出会う部分から肛門まで。

膣口と同じく柔軟性と強靭性があり、大きなものを出し入れしても破れることなく伸び縮みする

また、膣内にはGスポットとポルチオと呼ばれる性感帯があり、開発することで女性が中イキできるようになります。

膣内説明
Gスポット膣口から3~4cmのおなか側(恥骨の下)にある、スキーン腺(男性の前立腺に相当する部位)がある部位

刺激すると、中イキさせることができる

ポルチオ膣内をGスポットより進んだところにある突出した部位

本来は無感覚だが、開発することで中イキ(奥イキ)させられるようになる

中イキについては、別の記事で詳しく解説しています。

中イキできない体質を改善!3ステップで女性を中イキできる身体に開発する方法
女性を中イキさせてあげたこと、ありますか?中イキできない体質だと思い込んでいる女性でも、男性が正しく開発すれば中イキして極上の性的絶頂を得られるようになり、男性に夢中になってくれるものです。

クンニで女性を悦ばせるために知っておくべきこと5つ

クンニする前に、女性を悦ばせるために知っておくべきことが5つあります。

  • クンニを無理強いしない
  • クンニの対象はクリトリス(クリ)だけじゃない
  • クリトリスが気持ちイイとは限らない
  • クンニは構成が重要
  • オリモノは食べない

クンニを無理強いしない

女性を悦ばせるためだとしても、クンニを無理強いすることは避けてください。

「女の子は誰でもクンニが好き」と思い込んでいる男性が多いですが、間違いです。

以下のような理由で、クンニを嫌がる女性もいます。

  • クリトリスが性感帯ではない(クンニされても気持ち良くない)
  • クンニで痛みや不快感を感じたことがある
  • クンニを求めて「イヤラシイ」「汚い」などと言われたことがある
  • 恥ずかしい

クンニは、自分の最も恥ずかしい部位を晒し、舐めてもらう行為です。

羞恥心が強い女性にとっては、セックスよりも恥ずかしいと感じることも多く、よほどの信頼感と安心感がないと、舐めるどころか股を開くことすら抵抗されてしまいます。

もしも女性が本気でクンニを拒否したら、しばらくはクンニを控えましょう。

クンニの対象はクリトリス(クリ)だけじゃない

「クンニといえばクリトリス」と思い込んでいる人が多いですが、大間違いです。

確かにクンニは代表的な女性の性感帯ですが、クンニだけを刺激しても、女性を十分に悦ばせるのは難しいと言わざるを得ません。

女性の性的快感は、各部位の刺激によって相乗的に高まるので、クリトリス以外をクンニでうまく刺激することが重要になります。

マンコにあるクリトリス以外の性感帯は、以下のとおりです。

  • 膣口
  • 会陰部
  • 肛門

クンニの対象はクリトリスだけではないこと、覚えておきましょう。

クリトリスが気持ちイイとは限らない

何人何十人の女性にクンニしていると気づきますが、クリトリスを刺激されて性的快感が得られる女性とそうでない女性がいます。

実感ですが、「感じる」か「感じない」かではなく、「すごく感じる」、「感じる」、「それほどでもない」、「あまり感じない」、「感じない」くらいに分けられるように思います。

実はこれ、マンコにある性感帯にある神経終末の数が関係しています。

神経終末が集中しているほど性的快感を得やすいのですが、神経終末がクリトリスに集中していることあれば、他の部位に多いこともあり、千差万別です。

そのため、クリトリスが「すごく感じる」女性もいれば、「感じない」女性もいるのです。

したがって、クリトリスでは感じない女性に対してクンニするときは、あちこち刺激して性感帯を確認した上で重点的に刺激することが、女性の満足度を上げることに直結します。

クンニは構成が重要

セックス全般に言えることですが、女性に性的快感を味わわせて満足させるには、構成(流れ)が重要になります。

クリトリスが性感帯の女性でも、いきなりクンニされ、同じところばかりクンニされると飽きてしまいます。

まずは足の付け根や太ももをネットリと舐めまわし、膣口や肛門を刺激して、じっくり身体の感度を高めてからクリトリスを刺激するなど、女性を昂らせる構成が必要なのです。

男だって同じ

構成の重要さは、男性の場合も同じです。

いきなりズボンを脱がされて延々としゃぶられるよりも、玉を丹念に舐めまわされ、亀頭を擦られるなど他の刺激があった方が強い性的快感が得られます。

また、乳首や背中、肛門など性器以外を刺激されることでも快感が増し、射精時の性的絶頂感も長続きしやすくなります。

オリモノは食べない

クンニをしているとオリモノが口に付着したり、口の中に入ったりすることがありますが、食べないようにしてください。

女性が性病に感染している場合、オリモノを食べることで感染するリスクがあるからです。

「ニオイがない白色または透明なオリモノなら大丈夫」、「有色のオリモノはダメ」などと書いてあるものもありますが、色やかたちに関わらず、食べないようにしましょう。

女性が悦ぶクンニのやり方(初心者向け)

初心者でも女性を悦ばせることができるクンニのやり方(流れ)を解説していきます。

基本的な流れは、「大陰唇→小陰唇→カリナ→クリトリス」の順番です。

  • 女性をリラックスさせる
  • 大陰唇のクンニ
  • 小陰唇のクンニ
  • カリナのクンニ
  • クリトリスのクンニ

女性がリラックスできていることを確認した上で、最初に大陰唇を舐めて女性のエロスイッチを入れ、小陰唇で性的に興奮させます。

それから最大の性感帯であるクリトリスを刺激すると思わせてカリナを舐め回し、性的快感を十分に高めた上でクリトリスを責めて性的絶頂(クリイキ、外イキ)させてあげます。

この流れを守ってクンニすれば、初心者でも簡単に女性を悦ばせることができますよ。

女性をリラックスさせる

女性は、リラックスできる雰囲気でないと性的快感を得ることができません。

いくら上手にクンニをしても、緊張や不安が高い状態では性的快感と結びつかず、むしろ気持ちが冷めたり気持ち悪さを感じたりすることもあります。

そのため、雑談やボディータッチ、優しいキスなどでリラックスさせ、ロマンティックな雰囲気を作ることが重要な意味を持ちます。

女性がリラックスできたら、ディープキスを交わし、ほっぺ、首筋、脇の下、胸、お腹、足の付け根、太ももなど上から下へ優しく愛撫して身体の感度を高めてあげましょう。

ポイントは焦らすことです。

例えば、フレンチ・キスを重ねて気持ちを昂らせてからディープキスをする、乳首には触れず乳輪を舐め回すなど、あえて性感快感が強い愛撫を避けることで、ジワジワと興奮させることができます。

大陰唇のクンニ

クンニは大陰唇から始めるのが基本です。

実は、大陰唇はマンコの中では感じにくい部位ですが、舐めることで「これからクンニするよ」という合図になり、女性のエロスイッチを入れる効果があります。

大陰唇のクンニでは、まず、唇が触れるか触れないかギリギリのキス「フェザーキス」を繰り返し、マンコの感度を高めてあげましょう。

フェザーキスをするかしないかでクンニによる性的快感の度合いが大きく変わります。

十分にフェザーキスをしてマンコの感度を高めたら、いよいよ舌で大陰唇を舐め回しますが、それほど敏感な部位ではないので繊細なタッチは必要ありません。

フェザータッチも効果的

フェザーキスは、最初のうちは距離感がつかめなかったり、ニオイや陰毛が気になったりしてうまくできないことがあります。

その場合、指の腹でマンコ全体を撫でまわすのも効果的です。

フェザーキスと同じく「触れるか触れないか」を意識してマンコに触れ、マンコの感度を高めましょう。

小陰唇のクンニ

大陰唇のクンニで女性が性的に興奮すると、小陰唇のビラビラが左右に開きます。

小陰唇は、大陰唇よりも敏感なので、急に強い刺激を与えるとビックリしますし、痛みを感じる女性もいるので、舌をゆっくり動かして優しく舐めてあげましょう。

感度が良い小陰唇の内側を、ソフトクリームを舐めるようなイメージでペロペロと舐めたり、舌を突き出した状態で下から上へ舐め上げたりするのがポイントです。

小陰唇が開かない場合

小陰唇が開いていないなら、女性が性的に興奮していないと考えてください。

無理やり小陰唇を開くと、女性に痛みや違和感を与えてしまうので、大陰唇のクンニを続けるか、乳首などを十分に愛撫して興奮させることに努めましょう。

カリナのクンニ

小陰唇のクンニで女性が敏感に反応するようになったら、舌や唇でカリナを刺激します。

外尿道口と膣口の間の狭くて奥まったエリアなので、唇や舌を押し当てて、軽く圧迫するように舐めるのがポイントです。

また、舌先を左右に動かしてカリナをタップしたり、舌を押し付けてネットリと舐めまわしたりするのを好む女性も多いので、反応を見ながら舐め方を変えてみてください。

クリトリスのクンニ

大陰唇、小陰唇、カリナのクンニで十分に性的快感を与えたら、いよいよクリトリスのクンニを始めます。

クリトリスは「女性のペニス」と呼ばれており、男性のペニスと同じ方法で性的快感を与えることができます。

つまり、「女性にしてもらいたいフェラ」をイメージしてクンニすれば良いのです。

唾液を十分にたらしてヌルヌルにし、「の」の字を描くようにグルグルと周りから中心へ舐めていくのがポイントです。

クリトリスが勃起した後の舐め方

クリトリスは、女性が興奮するとペニスのように勃起します。

こうなれば、女性が性的絶頂に達するまでもう少しです。

勃起したクリトリスに舌先でチロチロと舐めたり、チュパチュパと吸い付いたり、唇で軽く圧迫したりして刺激しましょう。

同じ動きばかりでは女性が飽きてしまうので、女性の反応を見ながら舐め方や舐める速度を変えることが重要になります。

クリイキは意外と難しい

女性をクリイキ(外イキ)させるのは、初心者には意外と難易度が高いです。

クリトリス以外の部位を上手に刺激して身体の感度を十分に高めておく必要がありますし、女性がイキ慣れておらず、うまく快感の波に乗れないこともあります。

女性が「感じているけど、イかない」なら、クリトリス以外のクンニや愛撫に戻ったり、Gスポットを刺激したりするのが効果的です。

しかし、どうやってもイかないこともあるので、無理は禁物です。

舐め犬でもない限りクンニだけで終わることはないので、女性が十分に気持ち良くなっていれば、次の行為に進んでも問題ありません。

焦らすには前のステップに戻るのが効果的

クンニの基本は「焦らし」です。

初心者でも簡単にできる焦らしの方法は、前のステップに戻ることです。

例えば、カリナを舐めた後、クリトリスに向かうと見せかけて小陰唇を舐める、クリトリスを舐めた後にカリナを再び刺激するといった具合です。

これだけで女性は焦らされていると感じ、もどかしさと同時にジワジワと湧き上がる性的快感に飲まれていきます。

女性が悦ぶクンニのやり方(中級者向け)

クンニの基本的な流れとテクニックを身につけたら、女性を性的絶頂に導くための舐め方を覚えましょう。

女性を確実にイかせるクンニを身につければ、体も心も鷲掴みにできますよ。

舌だけでなく唇と歯を使う

「クンニは舌でマンコを舐めること」が基本ではありますが、あくまで基本であって全てではありません。

クンニのスキルレベルを一定以上に高めるには、舌以外に唇と歯を使うことが欠かせません。

唇を用いたクンニ

初心者用の項目で触れたフェザーキスに代表されるように、唇を使ったクンニは女性の性的快感を高める効果があります。

舌で舐めるクンニと組み合わせることで快感の相乗効果が生まれ、より性的絶頂へと導きやすくなるのです。

フェザーキス以外では、下唇をマンコに押し当てて上下左右に動かす「リップクンニ」や軽く震わせる「リップバイブ」、マンコに吸い付くなどが効果的です。

歯を用いたクンニ

クンニによる刺激に多様性を持たせるには、歯を使うことも有効です。

八重歯でクリトリスを甘噛みする、前歯で小陰唇を撫でるなど、歯の硬さや尖りを利用した刺激を与えることで、女性に新鮮な刺激を供給することができます。

ただし、女性が痛みや気持ち悪さを感じることもあるので、必ず女性の反応を見ながら試し、嫌がられたらすぐに止めてください。

69(シックスナイン)や顔面騎乗によるクンニ

69(シックスナイン)や顔面騎乗によるクンニも、性的快感を高める効果があります。

顔面騎乗

特におすすめなのが、顔面騎乗です。

顔面騎乗というのは、仰向けに寝転んだ男性の顔面の上に、性器を露出した女性を座らせることです。

マンコが口に密着するので通常よりも強い刺激を与えることができますし、マンコの奥までネットリと舐め回すことも可能になります。

69(シックスナイン)

69(シックスナイン)というのは、男女がお互いの性器を舐める行為です。

刺激の強さは通常のクンニと変わりませんが、「お互いに舐めあっている」という羞恥心を煽り、性的に興奮させることができます。

男女の体格さや性器の大きさ、身体のかたさによっては69が難しいこともあるので、無理はしないでください。

女性の反応に応じて刺激を変える

初心者のうちは、とにかく基本の流れに沿ってクンニするのが精いっぱいで、女性の細かな反応にまで気が回らないことが多いでしょう。

しかし、クンニで女性に性的絶頂を味わわせるには、女性の反応を細かく察知して臨機応変に刺激することが何より大切です。

というのも、女性の性感帯は一人ひとり微妙に異なっており、それを探し当てて刺激しないとクリイキさせることは難しいからです。

クンニに慣れてきたら、テクニックを磨くだけでなく、女性の反応をキャッチするアンテナを鍛えるようにしましょう。

アナルを刺激する

アナル、つまり肛門は男女共通の性感帯です。

「汚い」というイメージを持っている女性が多いですが、羞恥心を煽りながら優しく刺激してあげると、性的快感が得られるようになります。

女性の性的快感は相乗効果によって高まるので、マンコとアナルと同時に刺激することで、クンニだけでは得られない強い快感が得られます。

アナルを舐めた後はマンコを舐めない

注意したいのが、アナルを舐めた後にマンコを舐めないということです。

驚くことに、「マンコとアナルを一緒に舐めるといい」という情報を見かけますが、衛生上良くありません。

アナルを舐めると舌や唇に大腸菌が付着します。

その状態でマンコを舐めると、大腸菌が尿道口から体内に入って膀胱炎になったり、膣口や小陰唇に付着して腫れたりするリスクがあります。

そのため、アナルを刺激する場合は「マンコ→アナル」の順番に、逆は控えてください。

M字開脚以外の姿勢でクンニする

クンニをするときは、女性にM字開脚してもらうことが多いです。

男性にとっては性欲をそそられる姿勢ですが、女性にとっては姿勢を維持するのが大変で、気持ち良さを感じる前に疲れてしまうこともあります。

そこで、慣れてきたら、M字開脚以外の女性の負担が少ない姿勢でクンニすることも検討してみましょう。

おすすめは、先ほど紹介した顔面騎乗とバックです。

バックなら、女性は四つん這いでお尻を突き上げるだけで良いので、M字開脚よりも姿勢の維持に負担がかかりません。

また、アナルを刺激しやすくなるので、マンコとアナルの同時責めがしやすくなります。

下着を脱がさずにクンニする

「え、それだとマンコやクリを刺激できない」と思うかもしれませんが、下着越しでも刺激は伝わります。

下着越しにクンニされるのを好む女性は多く、試してみると毎回下着越しに舐めることを求められるようになるケースも珍しくありません。

下着越しのクンニが好まれるのは、「クンニの刺激と衣擦れの刺激が相まって強い快感が得られる」、「マンコを直に晒さずにすむ」、「慣れている(女性自身が下着越しにオナニーしている)」といった理由からです。

嫌いな女性もいる

「下着が濡れるのが気持ち悪い」といった理由で、下着越しのクンニを嫌う女性もいます。

脱がせるかどうかは女性の意見を聞くようにしましょう。

上級者向け

上級者向けについても書こうかと思いましたが、クンニ歴15年程度の私が上級者のテクニックを体得できているかどうか疑問があります。

そのため、全てのテクニックを中級者向けの項目に入れ込んでいます。

今後も経験を積んでクンニマスターを名乗る自信がついたら、上級者向けの項目を作るかもしれません。

クンニでクリイキ(外イキ)させる方法の学び方

クンニのテクニックを磨くには実践が一番ですが、「いきなり本番で上手くできる自信がない」、「下手だと言われたら立ち直れない」という人は、あらかじめ勉強しておきましょう。

実践以外でベストな勉強方法は、アダルト動画(AV)を見ることです。

無料アダルト動画はおすすめしない

「それなら無料アダルト動画を見よう」と思う人が多いでしょう。

しかし、以下のような理由から、無料アダルト動画はクンニの勉強には向きません。

  • ウィルス感染
  • 架空請求
  • 画質が悪い
  • 作品の一部しか視聴できない

視聴中にウィルス感染や架空請求の問題が発生したら、気持ちが萎えてしまいますし、後の処理が大変です。

また、クンニは構成が重要なので、作品の一部しか視聴できないとプロのテクニックを盗むのは難しいでしょう。

画質の問題も、舌や唇の細かい使い方が良く見えず、勉強に支障が出てしまいます。

動画配信サービスの「無料おためし期間」を利用する

ウィルス感染や架空請求の心配をせず、高画質なAVを視聴するには、アダルト動画見放題の動画配信サービスの利用がおすすめですが、利用料金がかかります。

料金を払わずアダルト動画を視聴するには、動画配信サービスの多くが実施している「無料おためし期間」を利用する方法があります。

無料期間中ならアダルト動画が見放題ですし、期間内に解約すれば料金がかからないので、思う存分クンニの勉強に励むことができます。

女性を満足させるためのテクニックは無数にあり、非常に奥が深いので、無料期間で足りなければ有料会員になることを検討しても良いでしょう。

豊富なラインナップを求めるならU-NEXT(アダルト)

「たくさんのAV男優のテクニックを盗みたい」なら、見放題作品が多いU-NEXT(アダルト)に登録するのがおすすめです。

U-NEXTは、大手の総合動画配信サービスの一つですが、アダルト動画の配信にも力を入れて他のサービスとの差別化を図っています。

月額1,990円(税抜)のみで、32,000本ものアダルト動画が見放題になるので、様々なAV男優が登場する動画を見ることができます。

無料期間が31日間もあるので、クンニの勉強をするには十分でしょう。

【31日間は無料で見放題】

もっとU-NEXTについて知りたい人は、以下の記事を読んでみてください。

アダルト動画はU-NEXT:バレない、安い、配信数が多い上に無料期間が31日間!
安い、バレない、安全、配信数が豊富なアダルト動画(AV)配信サービスといえば「U-NEXT」です。月額料金(1990円)だけで32000本のアダルト動画が見放題、非アダルトコンテンツも利用できます。

とにかく安さを追求するならDMM見放題chライト(FANZA)

「できるだけお金をかけたくない」という人は、DMM見放題chライトがおすすめです。

DMM見放題chライトを契約すると、DMM.com系列のアダルト動画配信サービス「FANZA」が配信する2,000本以上の動画が見放題になります。

特筆すべきは月額500円(税抜)という安さです。

ワンコインでアダルト動画が見放題になるサービスは、ほかに見当たりません。

【2週間は無料で見放題&有料会員でもワンコイン】

もっとDMM見放題chライトについて知りたい人は、以下の記事を読んでみてください。

DMMch見放題ライト(FANZA)でアダルト動画を見るメリットとデメリットを解説
高画質なアダルト動画をとにかく安く視聴したいなら「DMM見放題chライト(FANZA)」です。ライトからマニアックまで幅広いアダルト動画が2000本以上も見放題になるサービスはDMM見放題chライト以外にありません。
タイトルとURLをコピーしました