フェラのやり方とコツ:男性を100%イカせるテクニックを解説

フェラチオが好きな男性は多いですが、やり方が下手だと痛みや不快感を与え、気持ちを萎えさせてしまいます。

フェラで男性を気持ち良くイカせるにはコツとテクニックがあり、基本をマスターするだけでも性生活が格段に豊かになります。

この記事では、男性を満足させるフェラのやり方(テクニック)とコツについて解説します。

プロフィール
この記事を書いた人
伊藤陽子

元風俗嬢の職業どM&プライベートどS。アダルトVOD大好きな20代女子。100以上の出会い系サイトと30以上のマッチングアプリで合計300人以上と出会った経験を活かして婚活・恋活・出会い系記事を執筆するライター。2017.8~女性向けの「責めるセックス講座」を開講中(参加者2000人超)

伊藤陽子をフォローする

フェラで刺激するペニスの部位

フェラは、舌や唇を使ってペニスを刺激することで男性に性的快感を与える行為です。

英語では「fellatio」、日本語では「口淫(こういん)」といい、女性から男性へのオーラルセックスの定番となっています。

フェラのやり方(テクニック)とコツを身につけるには、まず刺激対象のペニスについて知っておく必要があります。

ペニスの性感帯

女性には性器以外にもたくさんの性感帯がありますが、男性の場合はペニスに集中しています。

といっても、ペニスには複数の性感帯があり、その場所を覚えることがフェラ上達の第一歩です。

ペニスの性感帯は、大きく6つあります。

  • 亀頭
  • カリ
  • 裏筋
  • 尿道口
  • 陰茎
  • 陰嚢
  • 会陰部
最初は3つの部位へのフェラを覚える

フェラ初心者の場合、まずは亀頭、カリ、裏筋の3つを刺激するフェラを覚えるのが基本です。

この3つは、比較的簡単に男性を気持ち良くさせることができるので、多少不慣れでもイカせられる可能性が高いからです。

慣れてくれば、尿道口や陰茎、玉袋、会陰部(正確にはペニスではありませんが、性感帯として開発できる部位)へのフェラも覚え、刺激のバリエーションを増やしていきましょう。

亀頭(きとう)

亀頭とは、カメの頭のような形をしたペニスの先端部分のことです。

亀頭はペニスの他の部位よりも皮膚が薄く、性的快感が得られる神経が集中しているので、触れるだけで男性を気持ち良くすることができます。

そのため、フェラ初心者が最初に刺激方法を覚えたい部位で、上級者になっても必ず刺激する部位でもあります。

亀頭を刺激するコツ

非常に敏感な部位なので、少し触れるだけでも性的快感が得られますが、刺激が強すぎると痛みを感じることもあります。

とにかく優しく刺激することがコツです。

飴玉を舐めるように舐め、またはキスをするように優しく触れましょう。

こすりつけるのも強い快感を与えられますが、力の入れ具合には注意が必要です。

カリ

カリとは、ペニスの竿(棒)の部分と亀頭の境目にあるエラ(亀頭の根元にある段差)のことです。

ペニスと同じく非常に敏感で、フェラをして唇や舌で刺激すると強い快感を与えられます。

ペニスを口に入れると自然にカリに触れるので、知らず知らずカリを刺激していることも多いですが、意識して刺激することでより気持ち良くさせることができます。

亀頭を刺激するコツ

亀頭以上に感じやすい部位なので、力加減には注意が必要です。

基本的には、ペニスを出し入れするときに意識して唇で触れる程度で十分でしょう。

間違って歯が当たらないように注意するとともに、男性の表情やペニスの反応などを見て「痛がっていないか」をこまめに確認することが大切です。

恥垢(ちこう)は食べないように

男性が包茎の場合、カリに恥垢がよくたまります。

恥垢には雑菌が大量に含まれるので、口に入ったり飲み込んだりすると炎症を起こすリスクがあります。

身体を洗っても意識してカリを綺麗にしないと恥垢が残ることがあるので、フェラをするときは口に入らないように注意しましょう。

裏筋

裏筋とは、亀頭と竿(棒)の部分をつなぐペニスの裏側の筋のことです。

男性と向かい合ってフェラをすると舌や下唇が当たる部位ですが、フェラ初心者だと亀頭やカリに気をとられて裏筋への刺激がおろそかになりがちです。

しかし、男性の多くは裏筋の刺激に弱く、裏筋の責め方次第でフェラの気持ち良さが左右されると言っても過言ではありません。

裏筋を刺激するコツ

裏筋を這うように下で舐めるのが基本です。

唾液がしたたる舌でベッチョリと舐めたり、舌の先端でチロチロと舐めたり、こまめに刺激を変えることで、より興奮させることができます。

尿道口

尿道口とは、亀頭の先端にあるおしっこが出てくる部位です。

鈴の形に似ているので「鈴口」とも呼ばれ、おしっこだけでなく精液やカウパー液(ガマン汁)も分泌されて出てきます。

SMプレイでは尿道口にカテーテルや綿棒を挿入して快感を与える方法がありますが、フェラでも鈴口付近を刺激すれば男性を気持ち良くさせることができます。

尿道口を刺激するコツ

舌の先でチロチロと舐めると、男性は全身に電気が走るような快感を得ることができます。

亀頭やカリと一緒にネットリ舐めるのも効果的ですが、刺激が強すぎると感じる男性もいるので要注意です。

ただし、「尿が出るところを舐めるなんて汚い」、「尿意に似た感覚があり気持ち悪い」と感じる男性も少なからずいるので、男性の希望を聞いた上で舐めるかどうか決めましょう。

陰茎(いんけい)

陰茎とは、ペニスの竿(棒)の部分のことです。

手コキするときは陰茎を握り、上下にコスコスと擦ることで性的快感を与えますが、フェラでも上手に刺激すれば男性を気持ち良くさせられます。

男性がオナニーするときに刺激しているので、よほどのことがない限り感度は高くなっており、亀頭やカリと一緒に舐めてあげると喜ばれます。

陰茎を刺激する方法

陰茎は、亀頭やカリに比べると鈍感な部位なので、やや強い力で刺激するのが有効です。

手コキほどの圧力は出せませんが、舌を陰茎に押し当てて舐めるのを好む男性が多くなっています。

陰嚢

陰嚢とは、精子をつくる精巣を包む袋です。

いわゆる「金玉」にあたる部位で、ペニスの両わきにブラッと垂れ下がっています。

フェラには無関係な部位だと思われがちですが、陰嚢へのフェラを好む男性は少なからずいますし、エロティックな雰囲気を演出するのにも有効です。

陰嚢を刺激するコツ

イヤラシクねぶる(舐める)のがコツです。

ペニス本体と比べると、刺激してもそれほど性的快感が得られないので、いかに男性を興奮させるフェラができるかがポイントなのです。

男性は、触感だけでなく視覚や聴覚でも気持ち良さを感じるので、ピチャピチャと音を立てながらイヤラシク舐めてあげると、大いに興奮してもらえます。

会陰部(えいんぶ)

会陰部とは、ペニスと肛門の間にある部位です。

ペニスではありませんが、男性の隠れた性感帯として有名な部位で、フェラで刺激してあげるとイキやすくなります。

多くの男性は会陰部が未開発な状態なので、開発して新しい快感に目覚めさせてあげれば、高い満足感を与えられますし、あなたの虜にすることができます。

会陰部を刺激するコツ

会陰部が未開発なうちは、フェラしても「くすぐったい」「気持ち悪い」と言われることが多いです。

しかし、刺激を繰り返すうちに違和感が快感に変わり、ペニスへの刺激では得られないような体の内側から湧き上がるような快感を感じさせられるようになります。

コツは、最初に「ちょっと我慢してね」とお願いすることです。

会陰部で快感を得るには時間がかかることを伝え、我慢の時間が必要であることについて男性の了解を得た上で刺激しましょう。

ペニスへのフェラと組み合わせることで男性を飽きさせず、2つの異なる快感で悶絶させられるようになりますよ。

肛門を舐めた後はペニスを舐めないで

会陰部を刺激していると、肛門を舐めてほしいとお願いされることがあります。

アナル舐めに応じる場合、肛門を舐めた後はペニスを舐めないようにしましょう。

肛門には雑菌がたくさん付着しているので、アナル→ペニスの順で舐めると、ペニスが腫れたり尿道口が炎症を起こしたりするリスクがあります。

男性をイカせるフェラチオのテクニック

では、いよいよフェラチオのテクニックを伝授していきます。

この記事に書いてあるテクニックをマスターすれば、男性を100%イカセられるようになるはずです。

といっても、彼氏やセフレは、風俗店のお客さんと違って100%イカせないとダメというわけではありません。

肩ひじ張らず、「こんなテクもあるんだ」と楽しみながら読んでみてくださいね。

フェラチオのテクニック(序の口)

まずは、フェラチオのテクニックの基礎中の基礎です。

フェザーリップ(フェザータッチ)から始める

フェラは、フェザーリップ(フェザータッチ)から始めるのが基本です。

触れるか触れないかという距離で優しくペニスにリップ(タッチ)し、背筋がゾクッとするような気持ち良さを味わわせてあげます。

咥えるときも口でペニスを優しく包み込むようにし、最初は亀頭に舌を絡ませたり粘膜をゆっくり触れさせたりしながら男性の反応をうかがいましょう。

痛みを感じさせないように

咥える強さの好みは男性によって違います。

そのため、最初はできるだけ優しく咥えて反応をうかがい、気持ち良さそうなら少しずつ強くしていき、最も反応が良い強さを見極めます。

最も避けるべきなのは、フェラで痛みを感じさせてしまうことです。

痛みは興奮した気持ちを冷めさせ、ペニスも萎えさせてしまうので、何よりも注意すべきです。

できれば、事前に「好きな咥え方とか動かし方とか教えてね」と言っておきたいところです。

恥ずかしい場合は、フェラの途中で「痛くない」と聞いて、男性の反応をうかがってみましょう。

よだれで濡らす

フェラは、口や舌でペニスを舐めたり擦ったりして摩擦による刺激で快感を与えます。

しかし、ペニスはとても敏感な部位なので、摩擦が強すぎると痛みを感じてしまいます。

そのため、まずは亀頭やカリ、陰茎などペニス全体をネットリと舐めまわし、よだれで十分に濡らし、滑りを良くしておくことが重要です。

また、ペニスを濡らす過程で見せる仕草が男性を欲情させ、よりエロイ気持ちを高めることにもつながるので、是非、時間をかけて濡らしてあげましょう。

フェラチオのテクニック(初心者向け)

具体的なフェラのやり方の流れを書いていきます。

あくまで初心者向けの基本的な流れなので、慣れてくれば自分でアレンジしても問題ありません。

男性の姿勢を決める

フェラをするときはまず、男性に好きな姿勢を決めてもらいます。

一般的なのは仰向けに寝転ぶ姿勢ですが、椅子に座ったり、仁王立ちしたり、四つん這いになったりした状態でフェラをすることもあります。

男性の好きな姿勢または流れで決まることが多いですが、初心者のうちはやりやすい姿勢をリクエストしてみても良いでしょう。

女性にとって最もフェラしやすいのは、男性に仰向けに寝てもらうことなので、他の姿勢でのフェラを求められて舐めにくいと感じたら、姿勢を変えるようお願いしてみてください。

亀頭は最初に軽く触れて放置する

「フェラってどこからする?」と聞くと、初心者のほとんどは亀頭と答えます。

実はこれ、正解です。

フェラをするときは、まず亀頭に軽くキスをして、「これからフェラするよ」と男性の身体に教えてあげます。

これによって男性が性器に与えられるであろう快感に胸を躍らせ、ペニスも敏感に反応します。

チュッチュッとあえて音がするようにキスしてあげると、より効果的です。

しかし、軽くキスした後は、しばらく亀頭を放置します。

なぜか。

焦らすためです。

亀頭にキスすると、男性は当然「早く舐めて気持ち良くシテ」と思いますが、一旦は放置して他の部位を刺激することで、より強い快感を与えることができるのです。

ペニス全体を舐め回す

亀頭はひとまず無視し、カリや裏筋、陰茎部分を優しく丁寧に舐めまわします。

舌によだれをしっかりつけて、ピチャピチャと音を立てて舐めまわせば、聴覚でも男性を興奮させられます。

抵抗がなければ玉袋や会陰部も同じように舐めまわしてあげましょう。

男性が敏感に反応するようになってきたら、亀頭に軽くキスしたり、指で亀頭をつついたりしながら舐め続けると、より気持ち良さを与えられます。

勃起していなくても気にしない

舐め回す時点でペニスが勃起していなくても、気にする必要はありません。

フェラの本領発揮は咥えてから、舐め回すのは男性の身体を敏感にするための下準備です。

舐めただけでは勃起しなくても、身体は敏感になっているので、ペニスを咥えれば自然と勃起してくれますよ。

咥えて動かす

ペニス全体がネットリ濡れ、男性の身体の感度も上がったら、いよいよペニスを口に咥えます。

キスするように唇で亀頭に触れ、そのまま押し込むようにペニスを口の中に入れると、「マンコに挿入したような」快感を与えることができます。

口の中に唾液をたくさん蓄えておくと、スムースに口を動かせるようになります。

最初は、ゆっくりと規則正しいリズムで頭を上下に動かし、ジュポッジュポッと音を立てながらフェラしましょう。

いきなり高速で動かしたりランダムに動くと、すぐに疲れますし、その後の動きのバリエーションが亡くなってしまいます。

歯が当たらないように注意

フェラ慣れしない女性にありがちなのが、間違って歯をペニスに当ててしまうミスです。

ゆっくりな動きでも歯が亀頭やカリに当たると痛みを感じ、それまでの興奮や快感が一気に冷めてしまうので、くれぐれも注意しましょう。

手コキも混ぜる

フェラは、触覚+視覚+聴覚の相乗効果で強い性的快感を与えることができますが、触覚単体で言えば手コキほどの快感はありません。

そのため、フェラに慣れないうちは手コキを混ぜてみると、男性を射精に導きやすくなります。

「邪道だ」と思うかもしれませんが、別にAVのフェラ抜き企画をやっているわけではないので、フェラだけでイカせる必要はありません。

男性を気持ち良く射精させてあげることが一番重要なので、フェラだけで気持ち良く慣れてなさそうなら、手コキも駆使してみましょう。

フェラでヌルヌルにして手コキで扱く、フェラと手コキを交互にするなど色々な方法があるので、男性が好む方法を試してみてください。

手コキ以外のプレイも利用する

フェラだけでイカせる自信がないときは、手コキや他のプレイを駆使しましょう。

  • キス
  • 乳首舐め
  • パイズリ
  • アナルの刺激

これらのプレイとフェラを組み合わせることで、フェラだけでは得られない快感によって男性をイカせやすくなります。

射精でイカせる

最後は男性を射精させてフィニッシュです。

口の中に出させてあげるのか、外に出してもらうのかは、2人で話し合うか行為の流れで決めることになります。

口内射精したい男性は多いですが、抵抗があるなら無理をする必要はなく、「外に出してほしい」とはっきりと伝えましょう。

口内射精させてあげるなら、精液を飲むのか吐き出すのかも考えておく必要があります。

外に出してもらう場合は、射精させる場所を決めなければなりません。

フェラの場合、顔に出す顔射、胸に出す胸射、お腹に出す腹射から選ぶのが一般的で、男性が好むのは顔射ですが、こちらも無理をする必要はありません。

口内射精や顔射をされたくないなら

口内射精や顔射は男性の支配欲や征服欲の表れで、女性には精神的にも衛生的にもデメリットしかありません。

口内や顔に射精されたくない場合は、男性がイク直前にペニスを握って口から出し、胸の方を向けて扱いてあげましょう。

射精直前に扱かれると至福の快感が得られますし、胸に射精するのも男性の憧れなので、口内や顔に射精しなくても満足してもらえます。

フェラチオのテクニック(上級者向け)

フェラチオは、オーラルセックスの中でも特に奥が深く、テクニックを身につけるほど、より強く、また効率的に、男性を悦ばせることができるようになります。

バリエーションを増やす

「フェラといえば、ペニスを咥えて上下に動かすこと」というのは処女の発想です。

最初のうちは許されるかもしれませんが、何度も関係を持つ相手には飽きられてしまいます。

動きを変える、流れを変える、刺激する部位を変える、刺激に使う部位を変えるなど、同じフェラという行為でもバリエーションを増やすことが大切です。

上目遣いで見つめながらフェラ

男性は、女性の上目遣いにめっぽう弱いです。

そのため、フェラをしながら男性の目を見つめてあげると、異様なくらい興奮してくれます。

ジュポッジュポッと音を立てたり、「おいしーよ」と声をかけたりすれば、フェラの快感も相まってすぐイッてしまうこともあるくらいです。

69(シックスナイン)

69(シックスナイン)とは、男女がお互いの性器を舐め会う行為です。

フェラの途中で「ねえ、私のも舐めて」と言えば、男性は「俺のをしゃぶっていて我慢できなくなったのか」と興奮し、喜んで69をしてくれます。

クンニをしてもらえばあなたの気持ちも昂り、さらに気持ちのこもったフェラで男性を気持ち良くさせられるでしょう。

濡れていないなら要注意

フェラで興奮してマンコが濡れていれば、69でお互い気持ち良くなれますが、濡れていないときは要注意です。

男性は、興奮した勢いに任せて力強くクンニしてくることが多いので、濡れていないと痛みを感じたり、マンコが傷ついたりするリスクがあります。

フェラだけで済ませたい場合は、キスしたりペニスを握ったりしてやんわりと男性を制しましょう。

ローリングフェラ

ローリングフェラ、聞いたことくらいある人もいるでしょう。

フェラには固定の名前が付いたテクニックがいくつかありますが、ローリングフェラもその一つです。

「必殺技みたいで難しそう」と思うかもしれませんが、やることは3つだけです。

  • ペニスを咥える
  • 亀頭からカリ付近に舌を巻きつけるように舐め回す
  • 大きな音を立てて舐める

簡単でしょう。

これだけで普通のフェラとは違う快感を与えられるので、ぜひ試してみてください。

顔ローリングフェラ

紹介したのは舌のローリングフェラです。

実は、ローリングフェラには舌と顔の2種類あり、AVなどでよく見かけるのは顔のローリングフェラです。

こちらは、ペニスを咥えた状態で顔や首をひねりながらストロークするテクニックで、見た目のエロさと大味な刺激で男性の興奮を掻き立てることができます。

ただし、短時間で疲れますし、どちらかといえば演出色の強いテクニックなので、プライベートなエッチで使う女性はあまりいません(期待する男性は多いですが)。

ディープスロート

名前付きのテクニックの2つ目がディープスロートです。

ディープスロートとは、ペニスを喉の奥の方まで咥え、喉の奥でペニスを圧迫することです。

  • ペニスを咥える
  • 限界近くまでペニスを奥へ入れる
  • 喉を締める
  • 唇を密着させた状態でペニスを出し入れする

慣れるまでは喉が苦しくてつらいと感じることが多いでしょう。

しかし、慣れるとペニスを入れられる範囲や喉の締め方が分かり、苦しまずに男性をイカせられるようになります。

イラマチオとは違う

ディープスロートとイラマチオを混同している人がいますが、まったく別の行為です。

イラマチオとは、ペニスを咥えて喉の奥まで激しく何度も出し入れすることです。

苦しくて吐き気がしたり、口や喉に痛みを感じたりすることも多く、気持ちも疲れてしまいますが、ディープスロートは慣れれば苦しまずにできるようになります。

バキュームフェラ

名前付きのテクニックの締めはバキュームフェラです。

バキュームフェラとは、普通のフェラよりも強くペニスを吸い、激しい音を立てるフェラのことです。

視覚的にも聴覚的にも強い刺激を与えることができ、使いこなせば短時間でイカせることができます。

演出の部分が大きい

バキュームフェラは、AVでよく見かける演出色の強いテクニックです。

プライベートなエッチでやると、喜んでくれる男性もいますが、ドン引きする男性もいるので、男性の性的指向を十分に把握した上で試すことを強くおすすめします。

最初からバキュームフェラを披露すると、とんでもない痴女だと思われたり、AV経験があると誤解される可能性があります。

お掃除フェラ

お掃除フェラとは、フェラでイカせた後にペニスを舐めて綺麗にしてあげることです。

射精後の脱力した状態でも心地良い刺激を感じることができますし、「俺って大切にされてるなあ」と思わせることもできます。

相手の男性との関係を良好に維持したいのであれば、お掃除フェラをしてあげると想像以上の効果を発揮しますよ。

フェラのテクニックは見て学ぶ

フェラのテクニックは、見て学ぶのが一番手っ取り早いです。

何を見るのか。

AVです。

AVは男性だけが見るものという時代はとっくの昔に終わり、今は多くの女性がAVを見てオナニーを愉しむ時代です。

女性向けのAVもたくさん生産されるようになり、その市場は今後も拡大すると見込まれています。

こうした状況で、AVが視聴できる動画配信サービスが女性の間で人気を集めています。

ウィルス感染や架空請求のリスクがなく、誰にもバレずにこっそりAVを視聴できることが人気の理由です。

女性に人気なのはU-NEXTアダルト

女性の間で特に人気なのが、U-NEXTです。

U-NEXTは、大手の総合動画配信サービスですが、アダルト動画の配信にも力を入れており、月額1,990円(税抜)で32,000本(2019年9月時点)のAVが見放題になるサービスを提供しています。

女性に人気があるのは、同じ月額料金でAV以外に14万本以上の映画やドラマなども見放題になるからです。

普段は映画やドラマを視聴し、エロい気分のときだけAVを堪能できることがウケているのです。

ログインページも請求明細も徹底的にバレない仕組みが施されているので、家族がいても安心して契約できる点も人気です。

【31日間は無料で見放題】

U-NEXTについて、もっと詳しく知りたいという人は、以下の記事を読んでみてください。

アダルト動画はU-NEXT:バレない、安い、配信数が多い上に無料期間が31日間!
安い、バレない、安全、配信数が豊富なアダルト動画(AV)配信サービスといえば「U-NEXT」です。月額料金(1990円)だけで32000本のアダルト動画が見放題、非アダルトコンテンツも利用できます。
タイトルとURLをコピーしました