華の会はキャッシュバッカ―ばかり?注目の「中高年の出会い系」の口コミ評判を紹介

熟女との出会いを求める男性の登録が相次いでいるのが、華の会メールです。

「30歳からの恋愛コミュニティー」、「中高年が選ぶ出会い応援サイト」というキャッチフレーズで注目され、雑誌やメディアの露出も増えてきたので、知っている人も多いでしょう。

この華の会メール、「恋人や結婚相手が見つかる」という記事を見かける一方で、「キャッシュバッカ―が多い」「女性と出会えない」という口コミ評判がたくさんあります。

実は私、3ヶ月間も華の会メールを利用したことがある(1万円以上課金した)ので、出会えるかどうか、どのような出会いに向いているか、ユーザーの特徴などを熟知しています。

そこで、この記事では、華の会メールの特徴と口コミ評判、出会えるのかどうかについて解説します。

プロフィール
この記事を書いた人
男鹿ひろし

自称「エロの化身」、あだ名「エロ魔人」、元カノからの呼ばれ方「エロし」。趣味は風俗・出会い系・AV鑑賞、一日の9割はエロイことするかエロイこと考えてる社畜。ブログもよろしく。

男鹿ひろしをフォローする
出会えない人がいない

華の会メールとは

華の会メールとは、出会いを求める30歳以上の男女を結び付けるための出会い系サイトです。

華の会M-ルに登録している男女の年齢

華の会メールの公式サイトでは、35歳以上の利用者が85%以上だと書かれています。

「30歳からの恋愛コミュニティー」を掲げ、30歳未満の登録を禁止して中高年の出会いに特化している効果が出ているようでうs。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

実際に利用してみたところ、登録者は30~50代が多いですが、アクティブユーザーは30~40代が多くなっていました。

利用者が住んでいる地域

利用者の年齢層とともに華の会メールの特徴が出ているのが、利用者の住んでいる地域です。

出会い系サイトの多くは東京や大阪など大都市に利用者が集中していますが、華の会メールでは全国各地に分散しています。

利用者が良い具合に分散しているので、地方でも出会いを探しやすいと言えます。

華の会の口コミ評判と利用した感想

ネットで華の会メールを検索すると、「30~50代の女性と出会える」という内容の記事がたくさん表示されます。

しかし、口コミを確認すると、記事とは正反対にネガティブな評判が多いことに気づきます。

  • キャッシュバック目的の女性が多い
  • ネカマが多い
  • 業者がいる
  • 割り切り目的の女性が多い
  • 不倫目的の女性がいる
  • 競争率が高い
  • 料金が高い

キャッシュバック目的の女性が多い

華の会に入会して女性にアプローチしましたが、2ヶ月経っても1人にも会えません。

ある女性とは、1週間以上にわたって100通以上メールを交換して会う約束を取り付けたのに、前日に体調不良や家族の不幸を理由にドタキャンされ、その後も何度もドタキャンされて会えずじまいでした。

また、別の女性は、「仕事は」、「身長は」などプロフィールに書いてあることを一つひとつ細かく聞いてきて、何日経ってもまともな会話ができないままでした。

手の平で転がされて、会う話になると手の平を返されることばかりです。

「女性とメール交換できるのに、どうしても会えない」という口コミが多いです。

どうしてか。

キャッシュバック目的で男性とメール交換する女性が多いからです。

出会い系サイト初心者だと、「なにそれ?」と思う人も多いでしょう。

しかし、女性の小遣い稼ぎの手段として昔からある手法です。

キャッシュバッカ―という小遣い稼ぎ

キャッシュバック目的で出会い系サイトを利用する女性を、キャッシュバッカ―といいます。

「メルレ」と呼ばれることもあります。

出会い系サイトには、男性とメール交換することで女性にポイントを付与するところがあります。

何故そんなことをするのかといえば、出会い目的ではない女性を「小遣い稼ぎができる」というエサでサイトに呼び込んで男性とメール交換させるためです。

そして、女性は男性に比べて警戒心が強く、出会い系サイトに登録したがらない人が多いので、男性がポイント購入のために課金した一部を女性に還元することで女性利用者を増やしているのです。

以前は、男性利用者とメール交換してポイント課金させる「サクラ」という仕事が蔓延していましたが、問題視されて規制が強まりました。

そのため近年は、サクラが鳴りを潜める一方で、キャッシュバッカ―が溢れかえる出会い系サイトが問題になっています。

華の会メールもキャッシュバッカ―が多い

華の会メールも、女性は完全無料で利用できるだけでなく、男性に特定のアクションを起こさせることでポイントが付与される仕組みがあります。

  • 日記を書く:1ポイント/1件
  • 男性からのメールを受信する:3ポイント/1通
  • 掲示板投稿:5ポイント/1件
  • プロフィール画像登録:50ポイント
  • 登録・年齢確認:200ポイント
  • 友達紹介:600ポイント

女性は、貯めたポイントをAmazonギフト券やクオカードと交換することができるので、簡単にお小遣い稼ぎができるのです。

Twitterを確認すると、華の会メールでCB(キャッシュバッカ―)をしている女性やCB用のサイトとして認識している女性が多いことが分かります。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

私は、華の会メールのアクティブユーザーだった3ヶ月間で、少なくとも4人のキャッシュバッカ―の餌食になりました。

業者には慣れているのですが、CBは素人の女性なので、かえってうまく見破れませんでした。

ネカマが多い

女性だと思ってメール交換していたら、会う約束を取り付けた途端、「男とメールして楽しいの」と手の平を返された。

キャッシュバッカ―と同じく華の会メールの女性利用者に多いのが、ネカマです。

ネカマというのはネットオカマの略で、男性が女性利用者のふりをして男性とメール交換する人のことです。

家族や友達の情報でサイトに登録し、キャッシュバッカ―をする人もいれば、男性利用者を小馬鹿にする人もいます。

メール交換の段階でネカマかどうか見分けるのは難しく、散々やりとりをした後で騙されたと気付く男性も多いのが実情です。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

疑わしい利用者2人とやりとりしました。

当然、会えるわけもなく…

業者がいる

やりとりしていた女性から「サイトだと何だから、こっち(サイトURL)で話そうよ」と誘われ、クリックすると出会い系チャットでした。

LINEでのやりとりを誘われたこともあり、業者が多いように感じました。

業者というのは、利用者を他の有料サイトに誘導して利益を得る人のことです。

大手の優良出会い系サイトでは規制が強化されている業者ですが、華の会メールでは業者の存在を指摘する口コミが散見されます。

業者は、女性利用者以上に魅力的なプロフィールやメール文で誘惑してくるので、サイト初心者では見分けることが難しく、出会いの大きな障害となります。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

LINE誘導のメールは何度も受け取りましたが、明らかに業者だと分かったのでスルーしました。

大手の優良出会い系サイトでは絶滅危惧種なので新鮮でしたが、初心者は騙されるだろうなと思いました。

割り切り目的の女性が多い

華の会メールで気になる女性にメールを送ったら、「今日の夜に渋谷で会えませんか。ホ別1.5でお願いします。」という返事がきました。

他にも「ワリキリで良いですか。」と聞いてくる女性もいて、割り切り(売春)の窓口として利用している女性が多い印象です。

※ホ別1.5というのは、ホテル代別で1万5000円という意味

割り切りというのは、女性が金銭的対価を得て肉体関係を持つ売春や援助交際のことです。

割り切り目的で出会い系サイトを利用するのは20代の若い女性が多いので、華の会メールなら問題ないだろうと思っている人がいますが、30代以上でも割り切りを持ちかけてくる女性は少なくありません。

熟女は一定の需要がありますし、高齢男性からすれば30~40代の女性でも「若い」部類に入るので、需要があるのです。

割り切り用語

割り切り目的の女性は、売春だと分からないように様々な隠語を使って割り切りを持ちかけてきます。

メールや掲示板の募集に以下のような用語が含まれていたら、割り切り目的を疑います。

  • 諭吉・福沢:1万円(例:諭吉2人、諭吉2.5枚など)
  • イチゴ:1万5000円
  • 弐・煮・荷:2万円
  • 参:3万円
  • WU:ダブル諭吉=2万円
  • K:1000円(例:15K=1万5000円など)
  • ホ別:ホテル代別(例:ホ別1.5=ホテル代別1万5000円など)
  • お米:現金
男鹿ひろし
男鹿ひろし

割り切りは、出会い系サイトと切って離すことが難しい問題ですが、ある程度の規制は可能です。

しかし、華の会メールは、大手と比べると規制が緩い印象です。

割り切りではなく熟女と出会う方法については、別の記事で詳しく解説しています。

不倫目的の女性がいる

女性とやりとりしていたら、「実は、夫がいるんですが、大丈夫ですか。」と言われた。

手っきり独身だとばかり思ってメール交換していたのでとにかく驚いた。

華の会メールって独身同士が出会いを求める健全なサイトじゃなかったのか。

華の会メールは、30歳以上の出会いを応援するサイトで、独身か既婚かは問われないので、人妻でも登録することができます。

登録時には「婚姻歴をご入力ください。」という画面が出てくるので、健全な出会いを求めるサイトとして設計されていないことが分かります。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

実際に利用してみると、人妻率の高さに驚きます。

レスで欲求不満を解消したい、ママ活で若い男を飼ってみたい、独身時代のようにドキドキしたいなど動機は様々ですが、とにかく既婚者をよく見かけます。

Twitterでも、華の会メールを人妻との出会いに使えると認識している人がいます。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

まじめな出会いを探している人には衝撃的でしょう。

一方で、浮気な女性と出会いたい人にとっても、いま一つ使い勝手が良くないです。

大手の優良出会い系サイトなら、華の会メールよりも使い勝手が良く、出会える確率の高い出会い系サイトがいくつもあります。

人妻との出会い方については、別の記事で詳しく解説しています。

不倫相手との出会い方:浮気な人妻(既婚者)と出会える場所8つと出会い方を解説
「人妻との出会いたいけど出会えない」という悩みを抱えている人、探す場所を間違っていませんか。正しい場所を探せば、誰でも簡単に人妻と出会うことができますよ。

競争率が高い

華の会メール利用者の男女比は7:3です。

他の出会い系サイトと比べて女性の利用者が多いわけでも少ないわけでもなく、平均的といった感じです。

華の会メールの公式サイトでアクティブユーザーの男女比を確認すると、おおむね利用者数と同じようです。

画像は、2019年9月のある日の日中のログイン数です。

夜になると2倍近いログイン数になるので、アクティブユーザーの女性は日中なら4,500人前後、夜間は8~9,000人前後ですが、その分男性の数も増えます。

大まかに言って、男性利用者のうち女性と出会えるのは、2~3人に1人程度です。

女性利用者の中にはキャッシュバッカ―やネカマが一定数含まれるので、実際の競争率は数値以上に高いです。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

出会い系サイトに男性が多く集まるのは仕方ないのですが、女性のアクティブユーザー(CBなど除く)が少ないのは気になりました。

料金が高い

料金体系は、他の出会い系サイトと同じく、女性は完全無料、男性はポイント課金制です。

1ポイント=10円換算なので、高めです。

掲示板投稿や女性へのメール送信が1回につき100円かかり、掲示板やプロフィール、女性からのメール確認にも1回20円かかります。

初回登録時に150ポイント、友人の登録で600ポイントもらえたり、掲示板への投稿が1日1回は無料になる特典はありますが、ハッピーメールやPCMAXなどは、メール送信は1回50円、掲示板閲覧やメール確認は無料なので、やや割高感があります。

利用者が30代以上なので、若い人向けの出会い系サイトと差別化を図っているのかもしれませんが、価格面のアドバンテージは乏しいです。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

経済的に余裕があれば気になりませんが、私のように、なるべくお金をかけずに出会いたい人にはつらい料金設定です。

大手の優良出会い系サイトと比較してみよう

華の会メールの料金が高いことは、大手の優良出会い系サイトと比較すると一目瞭然です。

サイト華の会

ハッピーメール

PCMAX

登録0円0円0円
検索0円0円0円
プロフ閲覧/1件20円0円10円
画像閲覧/1枚60円20円30円
メール/1通100円50円50円
例1

5人のプロフィールと画像を閲覧し、それぞれ10通ずつメールでやりとりした場合の費用です。

サイト華の会メールハッピーメールPCMAX
費用5400円3100円3200円

出会い系サイトでの出会いに慣れた人なら、女性との相性にもよりますが、おおむね10通程度で出会いまでこぎつけられるようになります。

華の会メールと他の出会い系サイトを比較すると、約2,000円も費用に差が出ています。

例2

20人のプロフィールと画像を閲覧し、それぞれ20通ずつメールでやりとりした場合の費用です。

サイト華の会メールハッピーメールPCMAX
費用21,600円10,400円10,800円

出会い系サイトでの出会いの初心者は、アプローチ対象を絞り込みにくく、また、余計なメールのやりとりをしてしまいます。

私が初心者の頃は、同時に20人くらいの情報を見て、会うまでに各20通前後はメールでやりとりしていました。

この場合、華の会メールはハッピーメールやPCMAXの2倍以上の費用が発生することになります。

華の会メールで熟女と出会うことができるか

結論からいうと、華の会メールで熟女と出会うことは可能です。

ただし、出会える熟女の多くは「割り切り目的」か「不倫目的」がほとんどです。

また、女性利用者の中にはキャッシュバッカ―、ネカマ、業者が一定数潜んでいるので、出会いの確率は高いとは言えません。

それにも関わらず利用料金が一般的な出会い系サイトより高額で、利用者の数も大手と比較して少ないです。

したがって、あえて華の会メールに登録して熟女を探すメリットは見当たりません。

熟女との出会いを求めるなら大手の優良出会い系サイトがおすすめ

熟女との出会いを本気で求めているなら、大手の優良出会い系サイトで探す方法がおすすめです。

どうしてか。

大手の優良出会い系サイトは熟女の登録者数が多く、運営体制がしっかりしていて業者などが少ないからです。

熟女専門の出会い系サイトでは出会えない

熟女専門の出会い系サイトを利用する男性もいますが、熟女と出会える可能性は限りなく低いです。

業者やネカマが多く、実際に出会いを求めて利用している女性が少ないからです。

私が実際に熟女探しに利用しているのは、ハッピーメール、PCMAX、ワクワクメール、Jメールの4つです。

出会い系サイト

登録者数も認知度も国内最大級の出会い系サイト。熟女の登録者数も多く、出会いを求めるならまずは登録しておきたいサイト

女性のジャンル問わず、もっとも出会えると評判の出会い系サイト。認知度が高いので数多くの女性が登録しており、アクティブユーザーも多いので、簡単にやりとり&出会いに結びつきやすい。

出会い系サイトの老舗の一つで、コアな利用者が多い。掲示板やプロフィール検索に加え、日記機能を利用して出会いを求めるのが効率的。

ミントC!Jメール

人妻熟女が多めの出会い系サイト。割り切り目的の女性もいるが、その他の目的で出会える女性も多い。既婚者の特性上、平日の日中と深夜ににぎわいやすい。

短期間で出会いたいなら複数の出会い系サイトに登録

出会い系サイトの基本戦術は「数うちゃ当たる」です。

短期間で熟女と出会いたいなら、複数の出会い系サイトに登録する方法が確実です。

1つだけのサイトだと出会いの対象が限定されてしまいますし、登録サイトが多すぎると管理や女性とのやりとりが大変なので、最初は2~3つだけ登録しておくと良いでしょう。

大手の出会い系サイトで熟女を探して出会いにこぎつけるためのテクニックについては、別の記事で詳しく解説しています。

熟女との出会いに掲示板はNG!出会い系も厳選が必要!熟女との正しい出会い方を解説
「熟女と出会いたいけど出会えない」という悩みを抱えている人、サクラや業者、ネカマが溢れる掲示板や出会い系サイトで出会いを求めていませんか。本気で熟女と出会いたいなら、正しい場所で探すことが重要ですよ。
タイトルとURLをコピーしました