ハッピーメール・ワクワクメール・PCMAXを徹底比較!最も安く出会えるサイトは?

ハッピーメール

日本の3大出会い系と言えば、ハッピーメール(R18)、PCMAX(R18)、ワクワクメール(R18)です。

出会いの確率をできるだけ高めるなら、3つの出会い系全てに登録するのがセオリーですが、初心者のうちは1つだけに集中したい人も多いでしょう。

そこで気になるのが、「どの出会い系に登録すれば良いの?」ということです。

評価基準はいくつもありますが、今回は、主な項目を一つ一つ評価し、初心者に最もおすすめできる出会い系を選びました。

\登録1分、検索3分、メール5分で即日出会い/

プロフィール
この記事を書いた人
男鹿ひろし

30代ブロガー&ライター|元短小フニャチンの非モテ→チン長UPに半年&モテ話術の習得に1年かけてモテ男に転生|非モテ・モテ両方の視点から実体験に基づく記事を執筆。

男鹿ひろしをフォローする

3大出会い系の評価項目と採点一覧

最初に、3大出会い系を評価するときの項目と採点結果を発表しておきます。

一覧表のとおり、総合得点ではハッピーメールが最も高くなりました。

しかし、ワクワクメールやPCMAXが優れている項目もあり、3大出会い系がおおむね拮抗した状態にあることが分かります。

出会い系ハッピー

 

メール

ワクワク

 

メール

PCMAX
運営会社10点8点10点
運営年数10点10点10点
会員数10点8点9点
年齢層10点8点9点
男女比9点9点9点
会員の質9点9点9点
安全性9点9点8点
サポート10点9点8点
口コミ8点7点8点
料金10点10点7点
総合評価95点89点87点

それでは、各項目の祭典理由について1つ1つ解説していきます。

この記事の採点は、Mの出会いの執筆者7人が行いました。

7人の採点の合計を7で割り、四捨五入する方法で最終的な点数を決めています。

また、採点結果に異論が出た場合は、本文内に内容と採点の理由も記載しました。

運営会社

 ハッピーメールワクワクメールPCMAX
運営会社株式会社

 

アイベック

株式会社

 

ワクワクコミュ

ニケーションズ

株式会社

 

マックス

株式会社アイベックは、貸しビル、コインパーキング、温泉施設、太陽光発電施設の運営や天然水の販売など手広く事業を展開しています。

株式会社ワクワクコミュニケーションズは、ワクワクメールの運営を主に行う会社です。

実は、ワクワクメールのオーナーは(有)コロンで、ワクワクコミュニケーションズは運営を任された会社です。

株式会社マックスは、テレクラ「リンリンハウス」、飲食店やネットカフェの運営、ロボットレストランへの出資、慈善事業の展開などを行っています。

いずれの会社も経営状態は安定しており、出会い系のイメージ刷新のために力を注いで着実に運営サイトの登録者を増やしています。

事業規模や業績において、ワクワクメールに特化しているワクワクコミュニケーションズがやや劣るので、少し低めに採点しました。

運営年数

 ハッピーメールワクワクメールPCMAX
運営年数2000~2001~2002~

ハッピーメールが2000年に運営を開始したのを皮切りに、ワクワクメールが2001年、PCMAXが2002年に運営を開始しています。

ハッピーメールを満点にして、他の二つの点数を落とすという意見もありました。

しかし、3サイトとも15年以上も安定した運営を続けており、分ける意味がないという意見が多かったので、全て満点としました。

会員数

 ハッピーメールワクワクメールPCMAX
会員数2000

 

万人以上

800

 

万人以上

1300万人

 

以上

会員数では、ハッピーメールに軍配が上がります。

運営開始年は大差ありませんが、PCMAXより約700万人も多く、ワクワクメールにはダブルスコアをつけています。

会員数は、出会い系における出会いやすさの指標として特に重要なので、明確な差が出るように採点しました。

出会いやすさを表す指標として重視すべき項目として、アクティブユーザー数があります。

会員数が総登録者数なのに対して、アクティブユーザー数は「登録者のうち現在も利用を続けているユーザー数」です。

しかし、アクティブユーザー数を公表している出会い系は限られているので、この記事ではある日の同時間帯(20:00~24:00)にピュア掲示板に投稿した女性の数を指標としました。

結果、1位がハッピーメール(107件)、2位がPCMAX(77件)、3位がワクワクメール(58件)と会員数の順位と同じになりました。

年齢層

 ハッピーメールワクワクメールPCMAX
年齢層10~40代20~30代10~30代

年齢層が最も広いのはハッピーメールで、10代から40代まで幅広い年代の女性が利用しています。

一方で、PCMAXは若い女性が中心、ワクワクメールは20代半ばから30代後半までが中心となっており、より限定的な年齢層に人気があります。

年齢層が幅広いほど出会いのバリエーションが豊富で出会いたい女性が多いと考え、高く採点しました。

同じ年齢層ならPCMAXやワクワクメールの方が出会いやすいという声もありましたが、あくまで年齢層が幅広いという観点からハッピーメールを高く採点しています。

男女比

 ハッピーメールワクワクメールPCMAX
男女比7:37:37:3

いずれも公式サイトの発表どおりです。

出会い系サイトは男性の方が圧倒的に多くなるところ、ハッピーメール、ワクワクメール、PCMAXはいずれも男女比が7:3と公表されています。

女性1人に対して男性が2人強で、出会い系の中では優秀な部類に入ります。

ただし、ミントC!Jメールのように男女比6:4の出会い系もあるので、3サイトともに満点はつけませんでした。

アダルト目的のユーザー数で言えば、PCMAXが頭一つ抜け出ています。

この辺りは、運営のかじ取りの影響がはっきりと出ています。

3サイトとも一般ユーザーの取り込みに力を入れていますが、力の入れ具合には差があり、PCMAXの場合はアダルトに軸足を残したままになっています。

一方で、ハッピーメールとワクワクメールは、ピュアな出会いを求める一般の男女の取り込みを狙っており、マッチングに寄せた運営にシフトしつつあります。

会員の質

 ハッピーメールワクワクメールPCMAX
会員の質良い良い良い

会員の質は、採点者7人の主観に基づいて、業者やキャッシュバッカー、ネカマといった出会いの障害となるユーザーが多いほど厳しく採点しました。

結果は、3サイトとも会員の質は良いということになりました。

ただし、いずれの出会い系にも業者とキャッシュバッカーが一定数いることから、改善を求める意味も込めて9点としています。

業者やキャッシュバッカーの問題は、出会い系業界が抱える普遍的な問題です。

ハッピーメールなど大手の優良出会い系は対策を講じていますが、いたちごっこになっているというのが現状です。

出会いや性という人の根本的な欲求を扱う以上、欲求を逆手にとって儲けようとする人を根絶するのは難しく、利用者が最低限の自衛をすることが大切と言えます。

安全性

 ハッピーメールワクワクメールPCMAX
安全性高い最高高い

安全性の高さは、年齢確認や電話番号認証による本人確認、個人情報保護、セキュリティーの程度、出会い系の運営に必要な届け出などの有無から判断しました。

3サイトともに出会い系では最高水準の安全性を備えていますが、セルフィー認証を実施しているワクワクメールと、パパ活禁止のハッピーメールを高めに採点しました。

セルフィー認証

3サイトの中で唯一、ワクワクメールは2018年10月からセルフィ―認証制度を導入しています。

セルフィー認証は、マッチングなどで導入されている本人確認の仕組みで、確認後は、プロフィールとアイコンにセルフィー認証済みの証としてバッジが表示されます。

現在、大手の優良出会い系は、出会い系のイメージ刷新に力を入れています。

理由は、出会いを求める一般の男女の利用促進のためです。

恋愛や結婚にネットを利用する人が増え、マッチングやお見合い、結婚相談所などのネットサービスが登場するなかで、出会い系もターゲット層を広げようとしているのです。

ワクワクメールのセルフィー認証導入はまさにこうした流れの象徴と言え、今後は他の出会い系でも導入される可能性があります。

パパ活

パパ活とは、若い女性が、経済的に裕福な男性と一緒に過ごしてお金やモノをもらう関係を築くことです。

肉体関係を持たない点で援助交際や割り切りと区別されますが、中にはパパ活から入って援助交際に発展する男女も多く、社会問題となっています。

ハッピーメールでは、正式にパパ活を目的とした利用を禁止すると発表しており、他の出会い系に比べてパパ活目的の利用は少なくなっています。

一方で、他の2サイトでは、未だに掲示板でパパ活を募集している女性がおり、運営の対応の甘さが目立ちます。

パパ活は極めてグレーな出会い、そこから援助交際に発展すると完全にブラックなので、パパ活目的の女性が多いと通常の出会いの邪魔になります。

最近は、男性版のパパ活として「ママ活」も登場しています。

若い男性が、経済的に余裕のある女性と過ごしてお金やモノをもらうことで、大学生やフリーターの間で人気を博しています。

バリキャリや高収入の夫がいる女性など、お金を払ってでも若い男性と過ごしたいという女性は一定数おり、出会い系やマッチングを利用して男性を探す人も少なくありません。

ママ活については、別の記事で詳しく解説しています。

サポート

 ハッピーメールワクワクメールPCMAX
サポート優秀良い普通

サポート体制では、ハッピーメールが最も優秀です。

ハッピーメールとワクワクメールは、メール対応はともに24時間ですが、電話対応についてはハッピーメールが24時間、ワクワクメールが10時から19時と差があります。

また、PCMAXは電話対応がなく、メールも9時から20時と時間が指定されており、他の2サイトと比べると劣ります。

サポート体制が充実していると、女性が安心して登録できるので、女性ユーザー獲得に大きな影響があります。

男性はサポートに頼る機会があまりありませんが、女性ユーザーが登録しやすい(=多い)という点で、サポートが充実しているハッピーメールを選ぶことは考えられます。

口コミ

 ハッピーメールワクワクメールPCMAX
口コミ良い良い良い

口コミでは優劣はつけられませんでした。

3サイトとも「出会えない」、「業者ばかり」といった悪い口コミ評判がある一方で、良い口コミ評判が多く、1サイトに良い口コミ評判が集中している状況ではありません。

ちなみに、口コミ評判はツイッターとヤフー知恵袋を確認しましたが、業者やキャッシュバッカーにつかまって出会えなかった初心者が悪い口コミを書き込む傾向がうかがえました。

一方で、出会い方を身につけて出会えている人は、おおむね良好な口コミを書き込んでいました。

料金

 ハッピーメールワクワクメールPCMAX
料金安い安い普通

料金は、ハッピーメールとワクワクメールが同水準で安く、PCMAXは出会い系全体の中で普通レベルです。

ポイントを消費するアクション

 ハッピーメールワクワクメールPCMAX
アクション
  • メール送信:5P
  • 掲示板閲覧:1P
  • プロフ閲覧:無料
  • 画像閲覧:無料(2枚目以降:2P)
  • メール送信:5P
  • 掲示板閲覧:1P
  • プロフ閲覧:無料
  • 画像閲覧:2P
  • メール送信:5P
  • 掲示板閲覧:1P
  • プロフ閲覧:1P
  • 画像閲覧:3P

※ハッピーメールでは、2018年以降、登録から1週間以内の女性については1通7Pかかります。

メール送信と掲示板閲覧で消費するポイントは3サイトとも同じです。

違うのは、プロフ閲覧と画像閲覧です。

ハッピーメールはいずれも無料(画像につき2枚目以降はポイント消費)、ワクワクメールは画像閲覧のみ有料、PCMAXはいずれも有料となっています。

プロフ閲覧はアプローチする女性を選ぶのに不可欠なアクションですが、もともとは3サイトとも有料でした。

最初に無料化したのはワクワクメールで、ハッピーメールがそれに続きましたが、PCMAXは未だに有料を維持しています。

実は、プロフ閲覧にポイントを消費するかどうかは、アプローチする女性の数、ひいては出会える女性の数にも大きく影響を及ぼすので、無料のメリットはとても大きいです。

画像閲覧については、1枚目を無料にしたハッピーメールが一歩抜け出しています。

プロフと同じく、画像が無料で見られると女性のイメージをつかみやすくなり、アプローチする女性を選ぶのに役立ちます。

ポイント購入でもらえる無料ポイント

 ハッピーメールワクワクメールPCMAX
500円55P50P
1,000円110P130P100P
2,000円230P260P
3,000円400P400P320P
5,000円700P700P550P
10,000円1500P1500P1200P
20,000円3000P3000P2600P
30,000円4500P4500P4200P
40,000円6000P
50,000円8200P

※ハッピーメールはPayPal、ワクワクメールとPCMAXはクレジットカードで支払った場合にもらえるポイント数です。

※ワクワクメールのおまけポイントはSP(サービスポイント)で提供されます。

1000円分または2000円分を購入した場合のみワクワクメールが最も多くポイントをもらえますが、それ以外はハッピーメールと変わりません。

一方で、PCMAXはおまけポイントが圧倒的に少なくなっています。

ワクワクメールはモバイラーズで還元される

ただでさえおまけポイントが多いワクワクメールですが、過去3ヶ月にポイントを購入した金額に応じてモバイラーズ(M)が還元されるクラス制度が採用されています。

最も下のランクの「ノーマル」でも購入料金の10%がモバイラーズで還元され、10M=1P(1S)に交換できるので、事実上、上の表よりもおまけポイントがたくさんもらえます。

例えば、3000円分のポイントを購入した場合、おまけポイント込みで400Pです。

もらえるポイントはハッピーメールと同じですが、ワクワクメールでは10%がモバイラーズとして還元されるので、事実上、400P+30P=430Pもらえることになります。

採点の理由

ハッピーメールは利用料金の安さ、ワクワクメールはポイント購入時のおまけポイントの多さに特徴があります。

採点者7人の中には「利用料金が安いハッピーメールを高く採点すべき」という意見もありましたが、多数決で同じ点数としました。

PCMAXについては、実際の料金も利用時の割高感もあり、厳しめに採点しています。

まとめ(総合評価)

総合評価はハッピーメールが1位となりました。

出会い系業界を長らく引っ張り続け、今もなお日本を代表する出会い系であるハッピーメールは、ユーザー目線で見ても優れたサービスであることが分かります。

それに続くワクワクメールやPCMAXも、出会い系の中では優れたサービスで、ハッピーメールと同じかそれより優れた部分もありますが、総合力ではかないません。

出会い系初心者の場合、まずはハッピーメールに登録し、その後、ワクワクメールやPCMAXにも登録して特徴や使い勝手の違いを体感して、マイ出会い系を選ぶと良いでしょう。

\登録1分、検索3分、メール5分で即日出会い/

タイトルとURLをコピーしました