【彼女が欲しい人見知り男子必見】彼女ができない原因を改選するたった3つの方法

シャイ 人見知り

「人見知りで彼女ができない」と悩んでいるのは、あなただけではありません。

私も32歳までは極度の人見知りで、外見の悪さもあって自信もなく、彼女ができる要素なんて何もありませんでした。

しかし、恋愛ノウハウを叩き込んで実践した結果、今では彼女にもセフレにも恵まれた夢のような生活を送れています。

人見知りというのは彼女を作るうえで大きな障害ですが、正しい治し方を知れば誰でも簡単に克服できます。

この記事では、人見知りでも彼女が欲しい人向けに、彼女ができない原因となっている人見知りを改善する方法について解説します。

プロフィール
この記事を書いた人
モテ太郎

チビ・デブ・ブサイクと3拍子揃った残念な男/20代から若ハゲにも悩む/典型的な非モテだったが、モテるノウハウに50万円以上投資して32歳で脱童貞/出会い系で知り合った女性38人と経験あり/現在は彼女1人とセフレ3人/「非モテ向けのモテるテクニック」を中心に執筆

モテ太郎をフォローする

人見知りの意味とは

人見知りの意味とは、人前では常に人目を気にしてしまい、リラックスして自然体で振る舞うことができない状態です。

本来は、赤ちゃんや子供が見知らぬ人を見かけたときに恥ずかしがる様子を表す言葉ですが、最近は、大人にも使うことが増えています。

以前は「内気」や「恥ずかしがり屋」と呼ばれていた人をまとめて「人見知り」と呼ぶようになってきたからです。

気心の知れた友人や家族の前では素の自分を出せるのに、慣れない人の前では緊張して思うように振る舞えないことはありませんか?

緊張するのを避けるために相手の目を見て話すのを避けたり、人前でうまく言葉が出ずモゴモゴと話したりしていませんか?

「あるある」と思ったなら、あなたは人見知りの可能性が高いと言えます。

人見知り男子はモテる?

モテません。

無口な男性を「クール」とか「ミステリアス」と評して魅力的に感じる女性もいますが、対象はイケメンに限ります。

何かしら人を惹きつける要素があれば話は変わりますが、顔もスタイルも人並み以下、コミュ力も低いとなれば女性にモテるのは至難の業です。

人見知り男子の中には、プライドが高く、「クールで無口な自分はモテる」と思い込んでいる人もいますが、幻想にすぎません。

人見知り男子の特徴

人見知り男子には、次のような特徴があります。

人見知りの特徴恋愛への影響
自信がない自己卑下する、人と対等に接し方を思い悩む
他人の評価を気にする周囲の評価で自分の価値を確認するため、他人に嫌われないよう振る舞う
他人と比較する他人と自分を比較して落ち込む、妬む
打たれ弱い些細なことで傷ついて立ち直れなくなる
どう話してよいか分からない周囲の目を気にしてうまく話せない
他人に迎合する良い評価を得るため周りに流される
受け身の姿勢話しかけられるのを待ち、話しかけられても上手く返せない
自己主張が苦手評価を気にして自分のしたいことができない
目を見て話せない内面を見透かされる気がして目をそらす
話が下手評価を気にして話すことが制限される
他人の評価をネガティブにとらえる褒められてもお世辞だと思い、楽しかったと言われても「本当か?」と疑う
狭く深い関係を好む広い交友関係よりも特定の人と深く関わりたいと思う
なかなか心を開かない人と仲良くなるのに時間がかかる

これらの特徴が複数あると、他人とのコミュニケーションが難しく女性にもモテにくくなります。

しかし、人見知りは、人間関係における慎重さや注意深さの表れであって、決して悪いことではありません。

また、人見知りに多い「狭く深い関係を好む」傾向は、女性と深い関係になるために欠かせないものです。

したがって、人見知りをネガティブにとらえる必要はなく、自分の特徴として受け入れて、女性にモテるよう言動や態度を少し変えることを目指すのが基本です。

人見知り男子が人見知りを改善する方法

人見知り男子が人見知りを改善して彼女を作る方法は、3つだけです。

たった2つを実践することで自然と人見知りは改善し、女性にもモテるようになります。

変えられるところを変える

前提として、「変えられるところを変える」ことを覚えておきましょう。

ブサイクや低身長など外見コンプレックスに悩まされている人と同じで、人見知りの改善でも変えられるところだけを変えるのが基本です。

例えば、低身長男子が身長を伸ばすことはできませんが、自分の身長を受け入れて自信を持つことは可能です。

人見知り男子も、人見知りをすること自体は変えられなくても、目を見て話したり自分の意見を持つといったコミュニケーションのスキルを身につけることはできます。

変えられないところにこだわっても自己評価を下げるだけなので、変えられるところに注目して変える努力をしましょう。

人見知りであることを受け入れる

人見知りを改善する第一歩は、自分が人見知りだと受け入れることです。

受け入れることは認めることで、先へ進むための大きな一歩になります。

自分が人見知りで他人をうまくコミュニケーションが取れないという弱みを受け入れることは、実はとても難しいことです。

だからこそ人見知りを治したいと強く思った時点で向き合って受け入れることで、人見知りの改善に向けて確実に進めるようになるのです。

自分の特徴を書き出して受け入れる

人見知りを受け入れるには、対人場面における自分の特徴を書き出していきます。

  • 気心の知れた友人以外の前では口が重くなる
  • 相手の目を見て話すのが苦手
  • 褒められても「本当か」と疑ってしまう
  • ちょっとしたことで落ち込む
  • 他人が自分の悪い噂をしているように感じる
  • 自信がなく他人の言うとおりにしがち

上の箇条書きは、私自身が非モテ時代に人見知りを克服するために書き出した自分の特徴です。

頭でイメージするだけでなく書き出すことで自分の課題が明確化され、嫌でも向き合わざるを得なくなります。

そして、書き出してみると、意外と「こういう特徴の人って他にもいるな」と思えて気が軽くなるものです。

そう、あなたが自分の問題だと思っていることって、実は多くの人が抱えていて、表面的にも表れています。

だから、過剰にネガティブな受け止め方をする必要はなく、ありのままの自分を受け入れてあげれば良いんです。

もちろん、すぐに人見知りの自分を受け入れられるとは限りませんが、少なくとも「人見知りはダメじゃない」と思えれば、次のステップに進むことができます。

思っているほど他人は自分を見ていないことに気づく

人見知りの人は、周囲の目を気にして行動しがちです。

しかし、実際のところ、周囲の人はあなたのことをそんなに気にしていません。

あなただって、周りにいる全ての他人に関心を払っていませんよね?

大半の人は、あなたのことを「見ているようで見ていない」んです。

だから、他人を気にして自分で行動を制限したり、話す内容を迷ったりする必要はありません。

まずは、自分の思ったことを人前で発言してみて、周囲の反応をうかがってみましょう。

あなたが思い描いたようなネガティブな反応は返ってこないはずです。

もしかしたら反応がないかもしれません。

こうして自分の思ったことやしたいことを少しずつ実践し、自分のイメージと現実のギャップを埋めていくことで、周囲を気にする気持ちは薄れます。

コミュニケーションのテクニックを身につける

人見知り男子は、自信のなさや話すことへの苦手意識の影響で、対人コミュニケーションの時間が圧倒的に不足しています。

コミュニケーション能力は、生まれつき備わったものだと思われがちですが、実は生まれた後に身につける部分がとても大きいです。

滑舌の良さや声の質などは遺伝的なものですが、話のネタ、口調、トーン、抑揚、身振り手振りなどコミュニケーションの重要な要素は全て学習で身につきます。

そして、学習機関に年齢制限はなく、大人になってからでもコミュニケーションのテクニックを学ぶことは可能です。

身近な人に話しかけることから始める

コミュニケーションのテクニックは、優良のセミナーや講座でも学ぶことができます。

しかし、最も手軽でお金もかからないのが、身近な人に話しかけてみる方法です。

人見知りせずに話せる家族や友人は除外し、それ以外の人に何でも良いので自分から話しかけてみましょう。

「今日は良い天気ですね」とか「明日って何日でしたっけ?」といった簡単な内容で十分です。

とにかく誰かに話しかけて反応をもらう経験を積むことが重要なのです。

話しかけられた相手は「あれ、この人から話しかけられたのって初めてだ」と驚くでしょう。

しかし、たいていは「根暗な人見知りだと思ってたけど、意外」と少しだけ良い印象を持ってもらえます。

「え?何この人、いきなり話しかけてきてキモイ」とは思われないので、肩の力を抜いて話しかけてみましょう。

相手の反応を見ながら話す内容を変えていく

毎回同じ内容では相手の反応も薄くなるので、少しずつバリエーションを増やしていきましょう。

すると、同じことを話しかけたのに、相手によって反応が違うことに気づくはずです。

気づいたら、相手の反応をうかがい、より良い反応を示した内容をベースにして話すことを変えていきます。

仕事の話のウケがイマイチで美味しいレストランの話の受けが良ければ、次からは後者に関連する話を振ってみるわけです。

対人関係って小さなコミュニケーションの積み重ねで成り立っています。

そのため、相手のウケが良い話を選んで話しかけ続ければ「この人と私、相性が良いのかな」と思ってもらいやすくなりますよ。

聞くことに力を注ぐ

女性と会話するときは、話すことよりも聞くことに力を注ぎましょう。

極端な話、女性と会話を始めるきっかけとしての声かけをしたら、後は90%くらいの力を聞くことに回しても問題ありません。

なぜなら、女性は男性との会話に共感と受容を求めるからです。

女性から悩みや愚痴を聞かされると、非モテは「解決策を示してあげないと」と思いがちですが、これは女性の心証を悪くしてしまいます。

愚痴を言いたいだけなのに、誰得の解決策や正論を並べ立てられても疲れますよね?

女性は男性よりも「聞いてほしい」と思う生き物なので、聞くテクニックを身につけることで女性にモテやすくなります。

同性同士の会話では話すテクニックも重要ですし、同性との交友関係は女性のあなたに対する評価にもつながるので、無視はできません。

しかし、女性と会話するときには、とにかく聞き役に回ることが何より大切ということは覚えておきましょう。

人見知りを気にしない女性を見つける

人見知りの自分を受け入れることって、自分のネガティブな部分と折り合いをつけることなので、相当な勇気がいりますし疲れます。

もし、自分一人では人見知りの自分を受け入れられないと思ったら、人見知りを気にしない女性を見つけてみましょう。

まずは女性に人見知りのあなたを受け入れてもらって自信をつけ、それからあなた自身が自分と向き合うのです。

出会い系やマッチングを利用する

人見知りを気にしない女性は、リアルで見つけるのはハードルが高いので、出会い系やマッチングで探します。

「いかがわしい」と思ったなら、少し考え方が古いですよ。

出会い系やマッチングは、スマホの普及に伴って一般の出会い向けにアップデートされています。

今では、出会いを求める一般の男女がツールの一つとして普通に利用しており、一昔前のアダルト色や婚活色の強さはなくなりました。

信じられないなら、一度は出会い系やマッチングに登録してみてください。

SNSと大差ないクリーンなインターフェースや、一般女性との出会いやすさに驚くはずです。

自信とコミュニケーション能力が身につく

出会い系やマッチングを利用する最大のメリットは、リアルの知り合いに知られることなく女性と付き合えることです。

人見知りでもOKの女性を選んでやりとりすれば、自然と自信がつき、コミュニケーション能力も向上していきます。

最近は、出会い系やマッチングで知り合った女性と交際して結婚する人も増えているので、相性が良ければ交際を続けるのもありです。

また、リアルで思う女性がいるなら、出会い系やマッチングで人見知りを克服してからアプローチすれば受け入れてもらえる確率がグッと高くなるはずです。

接客業をしてみるのもありだが

人見知りを改善する方法として、接客業を始めるという人は少なくありません。

私自身、恋愛ノウハウにたどり着く前はスタバやマクド、バーで働いて人見知りを克服しようと頑張りました。

確かに、仕事としてのコミュニケーション能力は身についたと思います。

しかし、女性と出会って付き合う経験はできませんでしたし、身につけたテクニックも、女性にモテるために応用できるものはほとんどありませんでした。

また、接客業のアルバイトをしているのを知人にからかわれる経験もし、リアルで頑張るリスクを痛感しました。

まとめ

日本には人見知り男子が非常に多いですが、女性にモテたり彼女を作ったりできないレベルの人見知りはほとんどいません。

大半は、人見知りの自分を受け入れ、自信とコミュニケーション能力をつければ女性にモテるようになります。

この記事に書いてあることをやるかやらないかはあなた次第です。

本気で人見知りを改善して女性にモテたいなら、早めに取り掛かりましょう。

タイトルとURLをコピーしました