亀頭責めのやり方:男を潮吹き悶絶させるテクニックを元風俗嬢が紹介

思わず喘ぎ声をあげ、のけ反る男性を見たことがありますか?

もし、彼氏のイク姿を見てみたいなら、ぜひ覚えておきたいのが亀頭責めのテクニックです。

手コキやフェラとは別次元の快感を与えられますし、射精どころか潮まで吹かせられることもありますよ。

この記事では、亀頭責めで男性を悶絶させるテクニックについて、元風俗嬢が解説します。

プロフィール
この記事を書いた人
伊藤陽子

元風俗嬢の職業どM&プライベートどS。アダルトVOD大好きな20代女子。100以上の出会い系サイトと30以上のマッチングアプリで合計300人以上と出会った経験を活かして婚活・恋活・出会い系記事を執筆するライター。2017.8~女性向けの「責めるセックス講座」を開講中(参加者2000人超)

伊藤陽子をフォローする

亀頭責めとは

亀頭責めとは、男性をイカせる手コキテクニックの一つで、ペニスの亀頭部分を刺激する行為です。

手コキというと、ペニスを握って上下にシコシコこする動きをイメージすると思いますが、実は、刺激の方法はたくさんあり、亀頭責めもその一つです。

射精させるだけでなく、男性が憧れるドライオーガズム男の潮吹きを導くポテンシャルも秘めています。

亀頭ってどこにある?

ペニス 亀頭

出展:厚生労働省

上の図の13が亀頭です。

ペニスのてっぺんにある、亀の頭とかキノコに似た形のところですね。

ちなみに、亀頭の下のカリ、ペニスの裏側の裏筋など、ペニスには性感帯が密集しており、各部位に適した刺激方法があります。

亀頭って気持ち良いの?

手コキは竿部分のストロークがメインになりがちなので、「亀頭を刺激して気持ち良いの?」と思うかもしれません。

それが気持ち良いんです。

セックス慣れした男性は、ほぼ全員が「亀頭を責めてよ」と言ってきますし、うぶな男性でも、亀頭責めしてあげると戸惑いながら派手にヨガッてくれます。

もし疑うなら、彼氏に聞いてみてください。

直に聞くのが恥ずかしいなら、手コキをするときに指や手の平で亀頭を刺激してみると、ペニスをビクッと反応させて感じてくれますよ。

どうして気持ち良いの?

ある部位を刺激されて性的に興奮するのは、その部位に神経が集中していて敏感になっているからです。

男性の場合、ペニスに性的興奮を覚える神経が多く、特に、亀頭には4000もの神経が集中しているので、他の部位よりも感じやすいんです。

男性がオナニーするときも亀頭を集中的に刺激している

実は、男性がオナニーするときも、集中的に刺激するのは亀頭やカリです。

彼氏やセフレに聞いてみると、約9割の人が「亀頭を刺激するのが一番気持ち良い」と言っていました。

残り1割は乳首やアナルが最も感じると言っていましたが、亀頭は同時に刺激するそうなので、オナニーするうえで亀頭は外せないということが分かります。

また、あるセフレは、「ぶっちゃけ、手コキよりオナニーの方がイキやすい」と言っていましたが、その彼でも「亀頭責めは自分では難しいから、女性にしてもらいたい」とのことでした。

亀頭責めのやり方

亀頭責めには、「基本的なやり方」と「潮吹きも可能な上級者向けのやり方」があります。

まずは、基本的なやり方から書いていきます。

亀頭の色で区別する方法は信ぴょう性に欠く

亀頭責めをするときに、敏感度を亀頭の色で判別して刺激の仕方を変えるという人がいます。

ピンクだと敏感で、茶色だと鈍感といった具合で判別するようです。

しかし、私の経験上、男性の敏感さは亀頭の色では分かりません。

亀頭がキレイなピンク色でもなかなか感じてくれず苦労することもありましたし、茶色でも優しく触れただけで射精した人もいます。

男性の敏感さを知りたいなら、亀頭の色にこだわらず、愛撫で反応をうかがうようにしましょう。

ステップ1:亀頭をチロチロと舐める

亀頭責めの基本は焦らしです。

いきなりペニスを掴んでコスコスしても気持ち良くなってはもらえますが、オナニーと同じで、ただ射精して終わりです。

亀頭に触れる前に、思わせぶりにペニスを撫でたり、亀頭に優しくキスしたりして、「お、フェラか手コキしてくれるのかな?」と思わせましょう。

それから、男性の股間に顔を近づけて舌を出し、舌先でチロチロと亀頭を舐めていきます。

触れるか触れないかのギリギリを責める「フェザータッチ」を意識するのがポイントです。

ペニスがピクッと反応したり、男性が思わず「あっ…」なんて声を挙げたりしたら、成功だと思ってください。

男性の反応をうかがいながらチロチロと舐め続けると、全身を震わせて感じてくれるようになります。

ステップ2:舌でネットリ舐める

チロチロ舐めで十分に感度を高めたら、舌を亀頭にからめるようにネットリと舐めます。

ソフトクリームを舐めるように、棒つきキャンディーを舐めるようにネットリと、ネットリと舐めましょう。

チロチロ舐めやネットリ舐めはフェラのテクニックとして覚えている人も多いので、普段どおりでもかまいません。

ただし、男性を焦らすことを意識し、速度やタイミングを調整しましょう。

舌だけで男性がのけ反って喘ぐようになれば一人前ですが、そうでなくても男性が反応しているようならOKです。

ステップ3:カリを刺激

チロチロ→ネットリときたら「いよいよ手で亀頭責めか?」と思うでしょう。

男性もそう思うはずですが、まだです。

亀頭はいったん放置して、カリの刺激に移ります。

親指と人差し指で輪っかを作り、亀頭からカリまでスライドさせてください。

カリの部分でキュッと握り、左右にクルクルと回しながらカリを擦って刺激すると、男性の意識がカリと亀頭に集中し、「亀頭を触って」という耐え難い欲求が押し寄せてきます。

ステップ4:亀頭を指でつつく

指の腹で亀頭を軽くつついて刺激します。

フェザータッチを意識し、男性の反応をうかがいながらつつくのがポイントです。

亀頭→カリ→亀頭と刺激されたもののフェザータッチどまりで、男性の脳内は「何でイカせてくれないの?」と混乱状態に陥ります。

限界を超えると暴走して挿入しようとする人もいるので、限界の一歩手前まで焦らすことを意識しましょう。

ステップ5:亀頭を刺激して射精させる

いよいよ亀頭を責めて射精に導きます。

射精に導くための亀頭責めのやり方

亀頭責めの基本テクニックを駆使すれば、3ステップで射精まで導くことができます。

  1. 亀頭に手の平のくぼみを押し当てる
  2. 1.の状態で亀頭を包み込むように手を握る
  3. 手首のスナップをきかせて左右に動かし、亀頭をこする

ポイントは、指の輪っかの大きさです。

同じ大きさだと同じ刺激しか与えられないので、カリ付近は緩く、亀頭に向かうにつれて徐々に強く握って刺激にアクセントつけましょう。

「射精後、ペニス内に残った精子を搾り取るときの動き」と言えば、分かりやすいでしょうか。

手首のスナップをきかせてこするのは疲れますが、ステップ1~4が十分にできていれば、短時間で射精させられるはずです。

亀頭責めのテクニック集

基本的な亀頭責めのやり方を紹介しましたが、亀頭を責める方法は他にもあります。

男の潮吹きをするには、基本テクニックに加えて上級テクニックも駆使することが重要になります。

ローションを使う

実は、亀頭責めをするときは、ローションを使うのが基本です。

一般的なカップルだとローションを持っていないことも多いので、基本的なやり方の項目ではフェラで濡らす方法を書きました。

しかし、風俗店やセックス慣れした人は必ずローションを使用しています。

なぜなら、ローションなしに亀頭を責めると痛いからです。

唾液で濡れ濡れにしておけばローションと同じ効果がありますが、唾液には乾きやすいという欠点があるので、痛みのリスクを最小限に抑えたいならローションは必須です。

亀頭とカリを中心にローションを塗り、十分になじませてから刺激を開始しましょう。

また、人肌より少し高温のお湯を少量混ぜてヌメリを滑らかにすると、ローション独特のヒンヤリ感がなくなり、乾きにくくなるのでおすすめですよ。

指の輪っかで亀頭とカリを刺激する

親指と人差し指で輪っかを作り、亀頭からカリまでスライドさせたら、カリをギュッと握ります。

その状態で輪っかを上下にコスコスとスライドさせ、カリと亀頭を同時に責めます。

実はこれ、多くの男性がやるオナニーと同じ方法です。

つまり、男性が最もイキやすいペニスの刺激方法ということです。

「女は男のオナニーのやり方なんて知らないだろう」と思っている男性が多いので、何食わぬ顔でカリを握ってコスコスすると、たいていは驚きと戸惑いの表情を浮かべたまま果てます。

裏筋を指で刺激する

ペニスの竿の裏にあるヒダの部分は、亀頭と同じく神経が集中していて敏感なところです。

人差し指で、フェザータッチを意識しながら裏筋をなぞると、全身が総毛立つようなゾクゾクする快感を与えられます。

裏筋を責められた男性は、「あうっ…」と喘ぎ声を出したり、思わず肩をすくめたりして可愛いですよ。

最初は狭い範囲をゆっくり撫で、徐々に範囲を広げて高速で撫でまわすと、敏感な男性なら体をのけぞらせて感じてくれます。

爪は短く切り揃えてヤスリをかける

裏筋は些細な刺激でも敏感に反応するので、爪が触れると強い痛みを与えてしまいます。

行為の前に爪を短く切り、ヤスリで丸く研いでおきましょう。

同時責め

亀頭責めは、他のテクニックと組み合わせることで快感を高めることができます。

乳首責め

亀頭責めと同時にするプレイの定番は、乳首責めです。

乳首はペニスに次ぐ性感帯なので、亀頭責めと同時に乳首を刺激することで、快感の相乗効果で男性をイカせやすくなります。

つまむ、引っ張る、コリコリする、舐める、噛むなど乳首の責め方はたくさんあるので、相手の男性の好みに合わせて刺激してあげましょう。

言葉責め

言葉責めは、SMプレイで用いられる、聴覚を刺激して性的に興奮させるプレイです。

SM系のAVでは、AV女優が言葉巧みに男性を弄って気持ち良くさせるシーンがありますが、あそこまで高度なテクニックは必要ありません。

プライベートで楽しむときは、「我慢汁出てるよ~」とか「ペニスがビクビクしてるよ~」といった状況報告をするだけで、十分に快感を与えられます。

アナル責め

アナル(肛門)も性感帯の一つです。

亀頭責めする姿勢によっては、アナルを触ることができるので、亀頭を刺激しながら指でアナルに触れてみてください。

多くの男性がアナル未経験なので、触れると全身をビクッとさせて反応し、戸惑いの表情を浮かべるはずです。

男性の反応はあえて気にせず、笑顔でアナルをグリグリほじくってあげると、少しずつ気持ち良さを感じてくれるようになりますよ。

無理はしない

「アナルなんて汚い」と思うなら、無理はしないでください。

また、男性が拒否的な反応を示した時も、すぐ止めましょう。

アナルは性器とは別次元の快感を得られる部位なので、セックスライフの幅を広げたいなら絶好の刺激ポイントですが、無理やりやっても気持ち良くなれません。

男に潮を吹かせる亀頭責めの方法

亀頭責めに慣れてきたら、男の潮吹きにチャレンジしてみましょう。

男の潮吹きは、射精後に亀頭を刺激し続けることで、精子とは違う液体を噴出させることです。

女性がイク前後で女性器から液体を噴出させる潮吹きの男性版ということで、男の潮吹きという名前がついています。

男性に潮を吹かせるには、以下の手順を踏むのが一般的です。

ステップ1:射精させる

男性に潮を吹かせるには、射精させる必要があります。

射精なしで潮を吹く猛者もいるようですが、ごく稀なので、まずは射精させましょう。

射精させる方法は、亀頭責め、手コキ、フェラ、セックス、素股など何でも構いません。

ただし、射精直後に亀頭責めする方が潮を吹かせやすいので、射精後すぐに動きやすい手コキかフェラでイカせるのが効率的です。

ステップ2:射精直後に亀頭を責める

男性が射精したら、精子をすべて出し切って男性が一息つく前に、亀頭の刺激を開始します。

亀頭責めで射精させた場合は、射精中も亀頭を責め続けるとより良いです。

通常、男性は射精すると「賢者タイム」と呼ばれる無の境地に入り、ペニスもしぼんでいきます。

しかし、射精中または射精直後に亀頭を刺激することで、賢者タイムに入るのを阻止して意識をペニスにくぎ付けにし、さらなる快感の高みへと導きます。

ステップ3:男性が苦しんでも止めない

男の潮吹きにとって、ここが最も難関です。

実は、射精直後のペニスは非常に敏感になっていて、亀頭を責めると、多くの男性は快感を飛び越して苦痛を感じます。

そう、射精以上の快感を得るためのプレイなのに、苦しいんです。

AVでも、射精直後に亀頭責めされた男性が苦痛に顔をゆがませるシーンがありますが、あれは演技ではなくガチで苦しんでいるんです。

しかし、潮を吹くには避けて通れない道なので、男性が苦しみだしてもあえて気にせず、淡々と亀頭を擦り続けましょう。

男性の了解を得ておくのが無難

Mっ気の強い男性なら、予告なしに亀頭を責めると喜ばれますが、そうでない男性は怒り出すことがあります。

そのため、事前に男の潮吹きにチャレンジするかどうか確認し、男性に了解を得ておくことが大切です。

「やるつもりなら最初から拘束しておくと楽だと思います。」なんて怖いことを平然と呟いている人もいますが、リスキーです。

私の場合、興奮すると男性のイキ顔が見たくなるので、つい予告なしに射精後も亀頭を責めることが多く、それが原因で相手の男性からひどく怒られたことがあります。

くれぐれも注意してくださいね。

まとめ

亀頭責めは、射精させるのにも潮吹きさせるのにも有効なテクニックです。

最近は、カップル同士でも女性に責めてほしいという男性が増えているので、亀頭責めを覚えて実践してあげると喜ばれますよ。

また、男の潮吹きに憧れる男性は多いので、男性が了解するなら、射精後に亀頭を責め抜いて潮吹きさせてあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました