男を落とす方法!男を虜にする女が実践するテクニック5つ【恋愛対象外でも実践可能】

男を落とす 男を虜にする

「好きな男が振り向いてくれない」と悩んでいませんか?

基本的に男は女を外見で判断します。

そのため、あなたの外見が人並み以上でなく、好きな男の好みの対象外だった場合、待っていても男を振り向かせることはできません。

しかし、諦める必要はありません。

男を虜にするテクニックを正しく身につければ、誰でも簡単に好きになった男を落とすことができます。

具体的なテクニック

この記事に書いてあるのは、男を落とすための具体的なテクニックです。

女性雑誌や恋愛ブログに書いてあるような生易しい内容ばかりではなく、ときに体を張るようなテクニックも書いています。

したがって、淡い初恋を成就させたいとか、何となく好きな男を落としたいという人には向きません。

「好きな男を本気で落としたい」と思う人だけ読むようにしてください。

プロフィール
この記事を書いた人
伊藤陽子

元風俗嬢の職業どM&プライベートどS。アダルトVOD大好きな20代女子。100以上の出会い系サイトと30以上のマッチングアプリで合計300人以上と出会った経験を活かして婚活・恋活・出会い系記事を執筆するライター。2017.8~女性向けの「責めるセックス講座」を開講中(参加者2000人超)

伊藤陽子をフォローする

男を落とすために「やってはいけないこと3つ」

男を落とすテクニックの効果を最大限に発揮するには、「やってはいけないこと」を覚えておく必要があります。

すぐに男を落とすテクニックを知りたい人は読み飛ばしてください。

好きだと気づかれてはいけない

恋愛対象外の女から好かれていると気づいた男がどうするか。

ほぼ100%逃げます。

2人だけの会話を避けたり、LINEをスルーしたりして、あなたとの関わりをできるだけ減らそうとします。

好かれようと過剰に優しく振る舞ったり、個人的なLINEを送りまくった結果、好きな男にドン引きされて避けられるようになった経験のある人も多いでしょう。

恋愛対象外の女からのアプローチは、男にとってストーカー被害に遭うくらい怖いものなので、全力で逃げに回るのです。

男が逃げに回ると、いくら男を落とすテクニックを駆使しても振り向かせるのは相当に困難です。

そのため、好きな男を落とすには、好きだと気づかれては絶対にいけません。

ネガティブな印象を与えてはいけない

恋愛対象外な女についてネガティブな印象を持った男がどうするか。

やはり逃げに回ります。

女だって、恋愛対象外の男に悪い印象を持ったら、より一層ドン引きしますよね?

男だって同じです。

男が女にネガティブな印象を持ちやすいのは、次の4つの行動です。

他人の悪口をいう

他人の悪口ばかり言う人と一緒にいたいと思う人はいません。

いつも誰かの悪口を言っていると、いくら好きな男に優しく振る舞っても「こいつは他人の悪口ばかり言うネガティブな女だ」と思われて距離を置かれます。

意識せず恋のライバルの悪口を言ってしまうことって結構ありますが、男は敏感に察知してネガティブな印象を持ちます。

好きな男の前で他人の悪口を言うのは避けましょう。

過去の恋愛遍歴を話す

男は女以上に嫉妬深い生き物です。

表面的には気にしないふりをしていますが、女の恋愛遍歴やセックス経験をとても気にしています。

そして、恋愛経験が派手な女や、自分よりハイステータスな男との恋愛経験がある女を敬遠する傾向があります。

「元カレと比較される」という意識が働くからです。

そのため、好きな男の前で恋愛遍歴やセックス経験をひけらかすのは避けましょう。

男から聞かれたら、嘘をつくのは良くありませんが、最低限のことだけ答えてやり過ごすのが基本です。

エッチなことを話しすぎる

非常に残念なことに、日本男子はエッチな女を恋愛対象から外してしまう傾向があります。

好きになったらヤルことはヤルし、女性に気持ち良くされると喜んで虜になるのに、付き合う前は「清楚でおしとやか」な女を好むのです。

女からエッチな話をしたり、エッチな話に抵抗なく付き合ったりすると、「ビッチ」とか「軽い女」というレッテルを貼られてしまいます。

エッチな冗談に合わせる程度なら問題ありませんが、好きな男の前ではエッチな話をしないのが無難です。

外国人なら問題なし

外国人の男なら、エッチな話をしても問題ありませんし、むしろ好まれることもあります。

特に、欧米系の男はエッチな女を歓迎することが多いので、エッチなことでも気兼ねなく話しやすいです。

酔いつぶれる

好きな男の前で酔いつぶれると、「だらしない女」というレッテルを貼られるのでNGです。

男は、表面的には女を支えようとしますが、内心は女に支えられたいと思っています。

そのため、だらしない女を嫌い、自分をサポートしてくれる「しっかりした女」を恋愛対象に選びたがるものです。

「普段しっかりしている人が酔いつぶれるギャップがたまらない」なんて言う男もいますが、そういう男ほど絶対に酔いつぶれない女を彼女にします。

そもそも、女が酒を飲むことに良い印象を持たない男も未だに多いので、酒に呑まれるのは避けるべきです。

身体を許してはいけない

好きな男の前ではつい身持ちが軽くなり、ハグやキスを許してしまったことはありませんか?

酔った勢いでセックスした経験はありませんか?

恥ずかしながら、私はよくあります。

しかし、付き合う前に身体を許した男と付き合うことは、ほぼ100%できません。

「軽い女だ」と思われてしまうからです。

恋愛のルールから逸脱した方法として、セックスした後に「責任とってね♡」と迫って強引に交際を迫ることもできますが、まず長続きしません。

好きな男を振り向かせて交際し、良い関係を維持させたいと思うなら、付き合う前に身体を許すのはNGです。

男から身体の関係を求められたら、「付き合う前にセックスはしない」とはっきり断りましょう。

「嫌われるかもしれない」と思って断れない女が多いですが、身体を許してもセフレにされるか、セックス後に距離を取られるだけです。

「釣った魚にはエサをやらない」と言われるとおり、男は釣った女(セックスした女)への情熱はすぐに失います。

一方で、釣るまでは惜しみなくエサを投じ、失敗すると「絶対に釣ってやる」と思い、釣ろうと努力するうちに夢中になります。

交際前に身体は許さないという一線を引き、好きな男だからと妥協しないことが大切です。

男を落とすテクニック:コミュニケーションで男を虜にする方法編

「やってはいけないこと」が長くなりましたが、いよいよ男を落とす具体的なテクニックを書いていきます。

まずは「コミュニケーションで男を虜にする方法」からです。

男のことを調べ上げる

男は、自分を受け入れてくれる女を求めています。

趣味や特技、好きなことや嫌いなこと、価値を感じていることなどを受け入れてもらい、尊重してもらいたいと思っています。

したがって、好きな男を落とすには、男を受け入れるために男のことを調べ上げる必要があります。

「ただ肯定してあげるだけじゃダメなの?」と思うかもしれませんが、ダメです。

例えば、男の特技を「きゃースゴイね~」と褒めたり、男の発言に頷いたりするだけだと、「その他大勢」の女友達になれても彼女にはなれません。

恋愛対象外という位置にいるあなたの存在に気づかせて意識させるには、男の世界観を理解できるくらいになる必要があります。

「夫婦は会話をせず意思疎通できる」と言われますが、男が口を開く前に話す内容が頭に浮かぶくらいにならないと、男にあなたを意識させるのは難しいです。

「世界観とか言われても分からない」という人は、好きな男の行動や発言をよく観察しましょう。

「行動や発言は心が外に表れたもの」なので、観察すれば男の考えていることが手に取るように分かるようになります。

例えば、映画の話をすることが多いなら、その男は映画が好きで、映画に価値を見出しています。

映画に詳しいことを褒めると意外なほど喜んでくれますし、男がよく話す映画について聞いたりすれば必要以上に話してくれます。

悪い意味で印象が変わるくらい喜んだり話をされたりすることもありますが、それも男の一面(むしろ本質に近い部分)です。

振り向いてほしいなら、映画の話を通して男の考え方を理解し、受け入れて尊重する姿勢を示しましょう。

すると、男は「自分のことを分かってくれる」と思うようになり、あなたに色々な話をしてくれるようになります。

仕事のこと、学校のこと、人間関係のこと、恋愛のこと、社会のことなど話をたくさんしてくれるので、共感しながら情報をインプットしていきましょう。

気が付くと、あなたは好きな男の価値観を十二分に理解して受け入れられるようになり、男はあなたを「誰よりも自分をわかってくれる人」と認識するようになっています。

第三者からの情報収集はほどほどに

「男のことを調べ上げる」という見出しを見て、第三者からの情報収集をイメージした人も多いでしょう。

例えば、好きな男の友人や女友達から話を聞くことは、よくある情報収集の方法です。

最初から好きな男と直に話す勇気がないと、第三者に十分な話を聞いてからアタックしたいと思いたくなるものです。

実際のところ、第三者からの情報収集に余念のない女は多いので、理解はできます。

しかし、好きな男との距離を縮めることはもちろん、男の価値観を理解することはできません。

まず、男と直に接触しないので、当然ながら距離は縮まりません。

また、第三者の情報には発信者自身の価値観がミックスされるので、男の生の価値観を知ることは不可能です。

さらに言えば、第三者の情報には悪意が混じっていることがあります。

例えば、話を聞いた相手があなたと同じ男を好きな場合、間違った情報を話してくるかもしれません。

第三者からの情報収集は、楽に男の情報を入手できる方法ではありますが、恋愛対象外の位置から男を振り向かせるには効果が薄いと言わざるを得ません。

男の悩みや愚痴はとことん聞く

好きな男から「自分のことを分かってくれる相手」だと認定されると、悩みや愚痴を聞かされるようになります。

恋愛対象には届かなくても、「何でも話せる相手」には格上げされているわけです。

これを逃す手はありません。

聞き役に徹し、好きなだけ話させてあげましょう。

男が女を落とすテクニックに「聞き役に回る」というものがあります。

理由は、「女は話を聞いて受け入れてほしいと思っているから」です。

「話を聞いて受け入れてほしい」というのは、男も同じです。

悩みや愚痴を話してくるのは、「話さずにはいられないほど気持ちが揺れているから」なので、とことん聞いて受け入れてあげましょう。

それがたとえ、「実は〇〇のことが好きなんだけど、△△と付き合ってるみたいなんだ」といった恋愛話でもです。

好きな男が、その他大勢の知り合いの中であなたを選んで悩みを打ち明けてくれているわけなので、動揺をグッと押し隠して優しく受け入れてあげましょう。

聞き役をするときのポイントは、3つです。

  • 目を見て男の視線を受け止める
  • 頷いて共感を示す
  • 「つらかったね」などと男の気持ちを代弁する

男が自信を無くしているようなら、「あなたは素敵だよ」、「魅力に気づいてもらえていないだけだよ」などと、褒めたり慰めてあげることも効果を発揮します。

劣等感を和らげる

男の価値観と同時に重要なのが、劣等感です。

どんなにイケメンで頭脳明晰な男でもどこかに必ず劣等感を抱えており、標準的な男ならなおさらです。

男が劣等感を抱きやすいのは、顔、身長、スタイル、運動神経、頭の悪さ、友人が少ないことなどで、長く接していればすぐ気づきます。

また、外見的に人より劣る部位があれば、間違いなく本人も気にしており、劣等感を抱いています。

好きな男を振り向かせたいなら、男の劣等感を知りましょう。

通常、本人は劣等感をひた隠しにし、他人は意識的無意識的に劣等感をつつこうとします。

そこで、あなたは、好きな男が劣等感のあることについて悩んでいたら、親身に話を聞いてさりげなく劣等感を和らげるように努めます。

他人が男の劣等感をつつくようなら、それを否定して男の気持ちを落ち着かせてあげましょう。

つまり、男の劣等感に触れず、優しく守ってあげるのです。

例えば、好きな男の身長が低い場合、100%身長に劣等感を抱いています。

厚底の靴を履いたり、身体を大きく見せようと大きめの服を着たりしていたら、低身長への劣等感が非常に強いとみて間違いありません。

好きな男が「背が高い奴ってモテて良いよな」と言ってきたら、「そう?身長を気にしたことないけど」と言ってあげましょう。

他人が「背の高い男ってそれだけでカッコ良いよね」と言ったら、「そうかな?気にしたことないなあ」とさりげなく伝えましょう。

男は、「女を守りたい」と思う一方で「女に守られたい」とも思っているので、一緒にいて劣等感を抱かずに済む相手に好意を寄せるようになります。

男を落とすテクニック:自分磨き編

男を落とすには、自分を磨くことも大切です。

外見を磨く

男は何より外見を重視して女を選びます。

そのため、好きな男を落とすには、自分の外見を磨くことも欠かせません。

「顔やスタイルは生まれつきだから」と諦めている人が多いですが、変えられるところはいくらでもあります。

太っているならダイエットして痩せればいいし、髪の色や長さも美容室に行けば整えてもらえます。

顔の雰囲気だって化粧で何とでもなります。

整形しろとは言いませんが、外見を整えるためなら努力は惜しまないという根性は必要です。

ポイントは、自分の良さを活かしながら男の価値観に合うような外見にするということです。

私たちの顔やスタイルはDNAの影響で個人差が大きく、一人ひとり良さがあるので、まずは自分の良さを知り、それを伸ばすことが大切です。

また、いくら外見磨きに力を入れても、好きな男の価値観に合わなければ意味はありません。

男と話す中で好みをつかみ、それに合わせた外見に寄せることも重要になります。

「媚びるようで嫌だ」と思うかもしれませんが、男のストライクゾーンに入るには欠かせないことです。

内面を磨く

男の内面って透けて見えますよね?

男と話してみて、「あ、こいつ、下心アリアリだ」とか「難しいこと言ってるけど中身ペラッペラだな」と感じた経験は1度や2度じゃないでしょう。

男だって同じです。

特に、恋愛対象外だと思っている女については手厳しく査定し、少しでも気に入らないところがあると冷たくあしらう男も少なくありません。

そのため、外面だけでなく内面を磨くことも欠かせません。

では、内面って何のことだと思いますか?

どうすれば磨くことができるでしょうか?

実際のところ、「自分磨きをしている」と言っている女ほど、自分が磨きたいところばかり磨いていて、磨くべきところは薄汚れたままです。

例えば、海外留学する、英会話が日常会話レベル、ヨガやジムに通うなどは、どれも女の自己満足に過ぎません。

努力するほど満足できるでしょうが、男を振り向かせる効果は全くありません。

男を振り向かせるのに必要なのは、男を受け入れる器量です。

簡単に言えば「心の余裕」です。

男というのは、合理的・論理的・効率的に何でもこなせるように見えますが、実はかなりテキトーです。

大人になっても「大の大人が」と思うような子供っぽさを持ち続けていて、それを女に受け入れてほしいと思っています。

一方で、女は年を重ねるほど男の短所に目が向くようになり、厳しく批判するようになります。

「自分ができるのに、なぜ男のあなたができないの?」という苛立ちを感じてしまうようでは、男にモテるなんてまず無理です。

どんなに魅力的な男性でも子供っぽさを持っていて、それも含めて受け入れられる心の余裕を持つことが、中身を磨くということです。

具体的には、次のようなことを無理なくできると、「心が広いなあ」と思ってもらえます。

  • 子供っぽい言動もダメ出ししない
  • どんな話でも落ち着いて聞く
  • 男の価値観を受け入れる
  • 否定をしない
  • ネガティブな発言をポジティブに言い換える(リフレイミング)

「コミュニケーションで男を虜にする方法編」でも触れた内容ですが、こうした態度を常にキープすることが、男に安心感を与え、距離を縮めるきっかけになります。

イライラしても表に出さない

女って感情的な生き物なので、どうしてもイライラするときがあります。

月経期間や人間関係がうまくいかないときなどは、少なからず普段より気が立ちやすく、好きな男にもつらく当たりそうになるでしょう。

でも、グッとこらえてください。

感情が豊かな女を好きになる男は多いですが、あくまでポジティブな感情が豊かな場合です。

ネガティブな感情を見せてしまうと、とたんに距離を置かれてしまいます。

シーソーゲームをする

ミスチルの歌にあるように、恋愛は典型的なシーソーゲームです。

押したり引いたりの駆け引きを繰り返して相手の気持ちを少しずつ引き寄せ、最終的にカップルになることを目指すゲームなんです。

また、「自然に出会ってカップルになる」なんて恋愛初心者には夢のまた夢です。

「恋の駆け引きなんてしたくない」という人もいますが、ライバルが熾烈な駆け引きを繰り返す中で駆け引きを拒否するということは、好きな男を諦めるのと同じです。

恋愛は、誰も傷つかない子供の遊びでもなければ、ノルマをこなせば終わる仕事でもありません。

泥まみれ汗まみれになってライバルを押しのける壮絶なゲームで、戦う勇気がない女はスタートラインにすら立てません。

好きな男を落とすためなら、まずはゲームに参加する勇気を持ちましょう。

そして、好きな男にシーソーゲームを仕掛けて振り向かせるまであきらめずに取り組むことです。

ポイントは、駆け引きをしていると男に気づかれないことです。

気づかれると「計算高い女だ」と思われて恋愛対象から完全に外されてしまいます。

自然を装ってシーソーゲームを続けることこそ、男を振り向かせる極意です。

届きそうで届かない距離を意識する

シーソーゲームで最も重要なのは、届きそうで届かない距離をキープすることです。

男は、気になる対象を追い求めようとしますが、捕まえたとたんに興味を失います。

先ほど、「釣った魚にはエサをやらない」と書きましたが、付き合う前に釣られてしまうと高い確率で飽きられてカップルにはなれません。

そのため、男があなたを意識していると感じても、安易にあなたから距離を縮めず焦らしましょう。

好きな男相手だと、つい気を許して男の要望に応えてしまいたくなりますが、グッとこらえましょう。

焦らされて我慢ができなくなり、男の方から言い寄って来るのを待つのです。

LINEやメールを有効活用する

恋愛のシーソーゲームには、会っていないときのLINEやメールのやりとりも重要です。

男を振り向かせる活用方法はいくつもありますが、書き出すと1つの記事ができあがるので、特に効果が高いものをピックアップしておきます。

  • 何気ないことでもねぎらう(例:「お疲れ様」、「頑張ったね」など)
  • 文字数や返信頻度を男に合わせる
  • 男に好きな話をさせて受け入れる(否定しない)
  • 「〇〇をしたい」、「〇〇に行きたい」とデートの誘いを促す

ストレスフルな社会なので、誰でも日常生活を送るだけで疲れています。

1日の終わりに「今日も1日お疲れ様」などと送れば、「ねぎらってくれる人がいる」とうれしくなるものです。

また、LINEやメールの文字数や返信頻度は個人差が大きく、男に合わせることで「気が合うな」と思わせる効果があります。

話の内容は基本的には男の好きな話を中心に据え、ときどき希望を伝えるようにしましょう。

自分の話ばかりしたり、自慢話や他人の批判をしたりするのはNGです。

まとめ

恋愛対象外の位置から男を振り向かせる方法はいくつもありますが、どれも簡単ではありません。

人並み以上の外見を持つ女の何倍も手間と時間をかけて、何とか振り向いてもらえるようになるのが現実です。

しかし、男を落とす過程でした努力によって、あなた自身の内面は豊かになり、好きな男との信頼関係もしっかり築けています。

そのため、晴れてカップルになれたときは、表面的な可愛さや美しさで男を虜にするよりも、ずっと強い絆で結ばれることができます。

タイトルとURLをコピーしました