「社会人は出会いがない」は間違い!社会人男性が彼女を作る6つの方法

社会人 モテない

社会人になると、学生時代と比べて出会いの機会が減り、出会いを探す時間も少なくなります。

恋愛で重要なのは彼女候補の女性と出会う機会を増やすことですが、機会さえ作れず悩んでいる社会人は少なくありません。

しかし、「社会人は出会いがない」と諦めるのは早すぎますよ。

休日や仕事後、スキマ時間を利用して女性との出会いを探す方法はたくさんあるのに、知らずに損をしているだけなんです。

この記事では、「社会人は出会いがない」と悩んでいる人向けに、社会人男性が女性と出会う方法について解説します。

プロフィール
この記事を書いた人
モテ太郎

チビ・デブ・ブサイクと3拍子揃った残念な男/20代から若ハゲにも悩む/典型的な非モテだったが、モテるノウハウに50万円以上投資して32歳で脱童貞/出会い系で知り合った女性38人と経験あり/現在は彼女1人とセフレ3人/「非モテ向けのモテるテクニック」を中心に執筆

モテ太郎をフォローする

なぜ「社会人は出会いがない」のか

そもそも、なぜ「社会人は出会いがない」と悩む人が多いのか。

原因は、学生時代と比べて次の3つが制限されるからです。

  • 自由時間
  • 交友関係
  • 行動範囲

自由時間

就職して社会人になると、仕事で時間を取られて自由時間が制限されます。

多くの仕事は1日8時間程度の就業時間が設けられていますし、忙しいと残業をしてさらに自由時間が少なくなります。

自宅と勤務先が遠いと通勤にも相当の時間がかかります。

必要な授業や講義さえ出ていれば自由に時間を使えた学生時代と比べると、圧倒的に自由時間が短くなるのです。

交友関係

自由時間が少なくなると、学生時代の友人や知人に会う機会も少なくなります。

学生時代のように、新しいコミュニティーに飛び込んで知り合いを増やすことも難しくなるのが一般的です。

また、「仕事で疲れるから休みは一人で過ごしたい」という人も多くなっています。

特に、カスタマーサービスや営業など仕事で人を相手にしていると、「休みの日まで人に会いたくない」と思いがちです。

行動範囲

社会人になると、行動範囲も狭まる傾向があります。

「お金に余裕があるんだから、学生時代にできなかったことをして、行けなかった場所に行くんじゃないか?」と思うかもしれません。

しかし実際は、仕事で疲れて新しいことにチャレンジする元気がなく、学生時代より狭い範囲でプライベートを過ごす人が大半です。

学生時代にはサークル、ボランティア、アルバイト、インターンなど様々なことにチャレンジしていた人も、社会人になると家と職場の往復が日常になりがちです。

出会いの機会を求めてアクションを起こす

仕事の影響で自由時間が少なくなり、疲れて交友関係や行動範囲も狭くなった結果、恋愛以前に女性と出会う機会が乏しくなるのです。

新しい出会いはもちろん、旧知の女性と会う機会も減ってしまうと、彼女なんてできるはずがありません。

しかし、周りをよく見てみると、社会人になってから彼女ができている男もいますよね?

彼らが何をしているかというと、出会いの機会を求めてアクションを起こしているのです。

忙しい中で学生時代並みに出会いを求めて奔走する人もいますが、無理をする必要はありません。

社会人が彼女を見つけるのに重要なのは、無理をしない範囲で出会いを探すことです。

仕事で疲れていても「理想の彼女と出会うためにこれくらいならできる」ということを、思うだけでなく実際に始めるのが重要なのです。

出会いがない社会人が女性との出会いを増やす方法

出会いがない社会人が女性と出会うための方法について、一つひとつ解説していきます。

出会いやすさや向き不向きが異なるので、よく読んで「これなら自分にもできそうだ」という方法を選んでください。

職場恋愛:職場の女性を彼女にする

学生時代の恋愛相手で最も多いのが同級生や先輩後輩です。

理由は簡単、最も身近で関係が深まりやすいからですね。

社会人だって同じで、職場の同僚や先輩後輩と職場恋愛をするのが、彼女を作るのに最も簡単な方法です。

同じ部署で働いていれば関わる機会が多いのでアプローチしやすいですし、「単純接触効果(ザイオンス効果)」で仲良くなりやすいでしょう。

あなたの職場にも、職場恋愛で彼女を作ったり結婚したりした人がいませんか?

職場恋愛をするコツは、職場の女性に恋愛対象として見られるようになることです。

仕事ができることはもちろん重要ですが、それだけでは恋愛対象としての魅力に欠けます。

周囲への気遣い、女性への優しい態度、コミュ力など、「この人を彼氏にしたい」と女性に思わせるスキルと振る舞いを身につける必要があります。

職場恋愛のメリット

職場恋愛のメリットは、何といっても出会いの機会とアプローチの機会が多いことです。

日常的に顔を合わせてコミュニケーションする女性なら、会う機会が多いことで単純に仲良くなりやすいですし、アプローチもしやすいでしょう。

部署が違っても、同じ職場ということで話しかけやすく、プライベートで新たに出会いを探すよりは簡単に仲良くなれます。

また、交際前から女性の言動や振る舞いを見聞きできますし、周囲のうわさや評判も分かるので、付き合った後に「こんなはずじゃなかった」と後悔しにくいのもメリットです。

職場恋愛のデメリット

職場恋愛の最大のデメリットは、アプローチに失敗した場合と恋愛が破綻した場合に痛感します。

「壁に耳あり障子に目あり」と言いますが、アプローチした女性に断られると、「〇〇君が△△さんに振られたんだって」という噂があっという間に広まります。

職場恋愛が破綻すると、「〇〇君と△△さん、別れたんだって」という噂が広まり、勤務先で気まずい思いをします。

そのため、周囲の目を気にして思うようにアプローチできないという人もいるでしょう。

また、同じ職場の男性がライバルになるので、あなた自身の能力や人となりが同僚や先輩後輩のそれと比較されることになります。

したがって、同じ職場の男性よりも目に見えて優れたところがないと、「その他大勢」として埋もれてしまいます。

学生恋愛でも同じですが、結婚を意識する女性が増える職場恋愛ではより厳しく周囲と比較されるので、自分をうまくプロデュースして差別化しないと生き残りは困難です。

職場恋愛で彼女を作るのに向いている人

  • 職場内で一定の評価を受け、他の男と差別化できている人
  • 職場内の人間関係をうまくこなせる人
  • 新たな出会いを探す時間がない人

友達や知人の紹介:ツテで彼女を作る

友達や知人に紹介してもらった女性と付き合うという方法もあります。

多いのは、学生時代の友人や職場の上司・先輩に女性を紹介してもらうことです。

紹介してもらうには、女性の知り合いが多い人と交流があり、その人から「女性を紹介しても大丈夫だ」と思われる程度の信頼を得ておく必要があります。

例えば、交友関係や素行、仕事などに問題がある場合、紹介を頼んでもやんわり断られることが多いでしょう。

紹介する側は、紹介する女性との関係も考える必要があるからです。

紹介のメリット

友人や知人に紹介してもらうメリットは、女性の情報をあらかじめ得られることです。

紹介者の主観入りにはなりますが、情報が多いほど会う前の下準備がしやすいですし、会ったときの話題や行動にも困りにくくなります。

例えば、女性の性格、外見、趣味・特技、好きなこと、好きな場所などを聞いておけば、初デートから女性の好みに合った場所や内容を選ぶことができます。

また、女性との関係で悩んだときに紹介者に相談すれば、気軽に相談に乗ってもらいやすいというメリットもあります。

紹介のデメリット

紹介で女性と知り合うデメリットは、女性との相性が悪かった場合に断りにくいということです。

時間と手間をかけて女性と引き合わせてくれた紹介者に申し訳ない気持ちになり、好きになれないのにズルズルと関係を続けてしまいがちです。

また、女性との関係が悪化した場合も、下手な行動をすると紹介者に迷惑をかけてしまい、紹介者との関係が悪化しかねません。

紹介はあくまで任意で、紹介された女性とどう付き合うかは本来は自由なのですが、紹介者との関係を気にして思うような選択ができなくなります。

さらに、紹介者から「紹介した女性との関係はどうだ?」といらぬ詮索をされたり、紹介者と女性が裏で情報共有していたりするケースもあります。

紹介で彼女を作るのに向いている人

  • 紹介してくれる友人知人がいる人
  • 女性のえり好みをしない人

習い事:共通の趣味で新しい出会いを見つける

近年は、社会人が参加できる習い事やサークルがたくさんあります。

私も、出会いを求めてジム、ヨガ、エクササイズ、クッキングなど様々な習い事に参加したことがあります(結果は撃沈でしたが)。

新しいコミュニティーに参加すれば、それだけ出会いの機会が増えるので、彼女になってくれる女性にも出会いやすくなります。

習い事のメリット

出会い目的で習い事を始めるにしても、学生時代に経験があったり、興味関心がある習い事を始めることが多いでしょう。

女性も同じです。

そのため、話が盛り上がりやすいですし、共通の趣味がある者同士なので仲良くなりやすいです。

習い事関連のイベントや行事に誘ったり、習い事の時間以外に二人で楽しんだりすれば、急速に距離を縮めていくことができます。

習い事のデメリット

習い事で出会う女性の多くは、出会いを求めていません。

習い事そのものに興味関心がある人が大半で、習い事によっては既婚者も多く、彼女候補になるのは限られた女性だけです。

気になる女性にアプローチしても煙たがられて終わることも多く、時間と手間とお金がかかる割に彼女ができる可能性は高くありません。

また、女性と仲良くなるにはある程度のコミュ力と外見が求められるので、非モテ男子には厳しいところがあります。

習い事で彼女を作るのに向いている人

  • 趣味や特技がある人
  • 学生時代に部活や習い事に打ち込んでいた人
  • それなりの外見とコミュ力がある人

出会い系・マッチング:アプリやサイトで出会いを見つける

スマホやWi-Fiが普及した今、多くの一般的な男女がネットで出会いを探すようになっています。

「ネットでの出会いなんていかがわしい」なんて言われたのはとうの昔で、最近は「まだ、出会い系とかマッチングを使ってないの?」と驚かれることも珍しくありません。

出会い系とマッチングは、いずれも出会いを求める男女が利用するサービスですが、料金体系や出会いまでの期間などに違いがあります。

一言で言うと、「ポイント課金制で会うまでの期間が短いのが出会い系サイト・出会いアプリ」で、「定額制で会うまでの時間が長いのがマッチング」です。

どちらを利用するかは好みによりますが、それぞれ特徴があるので私は両方を利用していました。

出会い系・マッチングのメリット

出会い系・マッチングの最大のメリットは、出会いを求める女性が利用していることです。

大手のサービスでは、数千~数万人の女性が常時出会いを求めて利用しているので、誰でも簡単に気になる女性と出会うことができます。

数千~数万人の女性が出会いを求めている場所なんて、出会い系やマッチング以外にはあり得ません。

また、ネット上で出会いを探せることもメリットです。

通常、出会いを求めるなら女性がいる場所に足を運ぶ必要がありますが、出会い系・マッチングなら家にいながら出会いを探せます。

通勤時間や昼休み、プライベートの空き時間でも利用できるので、忙しい人でも簡単に出会いを見つけることができます。

さらに、女性とのやりとりはサイト・アプリのメッセージを利用するので、リアルの出会いと違って、女性に興味を持ってもらうのにコミュ力が必要ありません。

大手の優良サイト・アプリなら無料ポイントや無料期間が設定されているので、少しでも興味があるなら一度試してみてください。

想像よりずっとクリーンな環境と、出会いを求める女性の多さに驚かされるはずです。

私が彼女探しに利用することが多いのは、ハッピーメールという出会い系サイト・出会いアプリです。

他の出会い系やマッチングも利用しますが、女性の質と出会いやすさがダントツなので、メインで利用しています。

出会い系・マッチングのデメリット

出会い系やマッチングのデメリットは、業者、キャッシュバッカー、ネカマがいることです。

いずれも出会いを求める男の邪魔をする存在で、引っかかると無駄に時間とお金を使うことになります。

「大手にはいない」とか「マッチングは問題ない」という人もいますが、間違いです。

大手の出会い系にも、マッチングサイトやアプリにも業者などは存在します。

運営会社が対策を講じていますが、いたちごっこを繰り返しているというのが現状です。

したがって、出会い系やマッチングを利用して彼女を探すなら、業者などを見抜く力を身につけることが重要になります。

ミントC!Jメールのサクラの見分け方!業者やキャッシュバッカーの特徴やメール内容も暴露
Jメールは初心者でも出会えるサイトですが、業者やキャッシュバッカーには注意する必要があります。この記事では、初心者でもマネできる業者やキャッシュバッカーの見分け方を解説しています。

出会い系で彼女を作るのに向いている人

  • 仕事が忙しくて新しい出会いの機会が作れない人
  • 容姿やコミュ力に不安がある人
  • 好みに合った女性と確実に出会いたい人

合コン:短時間で新しい出会いを見つける

合コンは、自分が所属するコミュニティー以外の女性と知り合える大きなチャンスです。

合コンの主催者や参加者によって細かいルールや特徴が異なるので、慣れるまでは苦労することも多いですが、日常に出会いの機会がないなら参加してみる価値はあるでしょう。

合コンに参加するには、主催者と知り合って仲良くなり、誘ってもらえるようにならなければなりません。

そのためには、彼女が欲しいと友人知人に広く話しておき、仕事や交友関係で一定の評価を得ておくことが重要です。

初心者が合コンに参加する場合、次のポイントを意識しておくと、気になる女性と距離を縮めやすくなります。

  • 目標設定:自分と他の参加男性が気になる女性を確認し、狙いを定める
  • 役割分担:他の参加男性とフォローやフォロバのタイミングを確認する

合コンのメリット

合コンのメリットは、主催者や他の参加者とチームプレイができることです。

通常の合コンは、男女それぞれ3~10人程度で開催され、主催者や他の参加者と事前に打ち合わせを行います。

もし、あなたがコミュ力に不安があるなら、場を盛り上げるのは他人に任せ、自分にできる他の役割をこなしましょう。

そうすることで、お互いの短所を補いながら女性との出会いを確保し、良好な関係を築きやすくなります。

同じメンバーと数をこなせば信頼関係が生まれ、連携も上手くなっていくので、女性と出会って親密な関係になれる確率も跳ね上がります。

合コンのデメリット

合コンのデメリットは、必ずしも出会いを求める女性が参加するとは限らないことです。

実際のところ、「ご飯を奢ってもらえる」という理由で合コンに参加する女性や、「有名なレストランでタダで飲み食いできるよ」と言って参加女性を集める主催者もいます。

そのため、いくらアプローチしてもなびいてもらえず、時間とお金を消費して終わりということも珍しくありません。

また、他の参加者と気になる女性が被った場合、男同士の連携が乱れて出会いにつながらなかったり、主催者の顔を立てて他の参加者に譲ったりすることもあります。

そして何より、女性を良い気分にさせられる程度のコミュ力が求められるので、コミュ障や人見知りだと厳しいところがあります。

合コンで彼女を作るのに向いている人

  • コミュ力がある人
  • 人見知りしない人
  • 出会いのためと割り切って男同士の連携ができる人

婚活パーティー・恋活パーティー:大勢との出会いを求める

出会いを求める男女が参加する婚活パーティーや恋活パーティーも、社会人が女性と出会える場所の一つです。

1つのパーティーに参加する女性は数十~数百人と多いので、一度に大勢と知り合うことができます。

最近は、一般的なパーティーに加え、オタク限定や歴男・歴女限定などジャンルを限定したパーティーも増えているので、より好みに近い女性と出会いやすいです。

ただし、「売れ残り一掃セール」なんて揶揄されたり、出会いにつながらないパーティーも存在するので、主催する会社の概要や開催実績を確認することが大切です。

婚活パーティー・恋活パーティーのメリット

パーティーに参加するメリットは、一度に大勢の女性と知り合えることです。

恋愛において出会いの機会が多いというのは重要な要素なので、一気にたくさんの女性と出会いたいなら参加する価値があるでしょう。

慣れないうちは参加しても彼女ができず悩むこともありますが、パーティーの性格や女性との接し方を理解すると、一気にモテるようになります。

また、多くのパーティーでは気になる女性とやりとりできる時間が設けられており、自分からアプローチするのが苦手な人でも女性と話すことができます。

パーティーのデメリット

パーティーのデメリットは、気になった女性と交際することが難しいということです。

私が参加したパーティーでは、毎回、男性の人気がごく少数の女性に集中し、明らかに高ステータスな男が私の気になる女性のハートを射止めていました。

大勢の女性と出会えるのがメリットなのですが、交際に発展させられる可能性は高いとは言えません。

また、参加料金が高いのもネックです。

男性の場合、1回の参加で5,000円~1万円程度の料金がかかるので、参加をためらう人も多いでしょう。

パーティーで彼女を作るのに向いている人

  • 大勢の女性と出会いたい人
  • ライバルが多い中で女性のハートを射止めるだけのステータスがある人
  • 経済力のある人

ナンパ:新しい出会いを求める

合コン以上に早く女性との出会いを実現させられるのが、ナンパです。

直感で気にいった女性と一気に距離を縮めて彼女にできる可能性を秘めた行為で、今も昔も彼女を作る方法として人気があります。

街中で気になる女性を見つけたら声をかけて口説き落とす、そんな行為そのものに憧れている男も少なくありません。

ナンパのメリット

ナンパのメリットは、何といっても速攻で好みの女性と親密な関係になれることです。

ナンパ師という職業が実在するように、ナンパのテクニックを極めれば好きな女性と望みどおりの関係になることができます。

出会った当日にホテルへ行くなんて猛者もいるほどです。

ナンパのデメリット

ナンパのデメリットは、費用対効果が極めて悪いことです。

ナンパを成功させるには、心理学や社会学など座学の知識と、豊富な恋愛&ナンパの経験が必要になります。

しかも、どれだけナンパの技術を極めた人でも、成功率は数%程度です。

大半の女性にシカトされ、足を止めてくれたと思ったら文句を言われ、イキってるオニイサンに小突かれることもあります。

それでも街頭に立って好みの女性を探しては声をかけることを繰り返し、ようやく成功するのがナンパの世界です。

「コストパフォーマンスってなに?」という世界です。

また、ナンパで知り合った女性を彼女にしても、長続きすることはまずありません。

なぜなら、見ず知らずの男性に甘い言葉をかけられて付き合うような女性なので、付き合ってからも簡単に他の男性に目移りしてしまうからです。

さらに、ナンパを成功させるには、女性の目を引くレベルの外見と、「この人なら良いかも」と思わせるコミュ力が必要です。

ナンパで彼女を作るのに向いている人

  • ナンパの出会いに憧れがある人
  • 浮気されても気にならない人
  • コミュ力と外見に自信のある人

まとめ

「社会人でも意外と出会いはある」ということが分かってもらえたでしょうか。

社会人が女性と出会う方法は、それぞれメリットとデメリットがあるので、自分に合っていると思う方法を試してみてください。

そして、実際に合うなら継続し、合わないと思ったら他の方法を試してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました