体験談:32歳オタク男性が出会い系でコスプレイヤーの彼女を作った件

コスプレイヤー 体験談 オタク
プロフィール
  • ニックネーム:あきお(仮名)
  • 性別:男性
  • 年齢:32歳
  • 経験人数:0人(年齢=彼氏いない歴)

あきおといいます。

今日は、ガチオタで魔法使い(編集註:30歳を超えても童貞の男性を指す言葉)だった僕に、コスプレイヤーの彼女ができた話を書いていきます。

自分でも未だに信じられず、彼女と会うたびに夢見心地になって現実感が今一つないのですが、体験談を書いているうちに実感が湧いてきました。

プロフィール
この記事を書いた人
Mの出会い編集部をフォローする

わき目も振らずガチオタ路線をまい進してきたが…

10代の頃からアニメや漫画が大好きで、DVDやフィギュアを買いあさっていました。

大学時代には某地下アイドルにはまり、出演するライブには欠かさず足を運んで、オタ芸で応援してグッズを大量に購入するのが当たり前でした。

就職してもオタク趣味やアイドルの追っかけは続き、むしろ金銭的に余裕が出た分だけエスカレートしました。

女性には人並みに興味を持ちましたが、デブスの自分には縁がないことだと早々に諦め、虚構の世界に入り浸っていました。

しかし、オタク仲間やアイドルのライブで知り合った人が次々に彼女を作るのを見て、内心、羨ましさを感じるようになりました。

特に、長年付き合いのある同い年の親友が、僕好みの女の子と付き合い始めたときは、都市がらもなく激しいジェラシーを覚えました。

しかも、その子がレイヤーで、僕の推しキャラのコスプレで親友と2ショットしているのを見つけたときは、もう発狂しそうでした。

彼女作りを始めたきっかけは出会い系の広告

親友に彼女ができたのを機に、彼女が欲しい気持ちは一気に熱を帯びますが、どこを探してよいか分かりません。

僕の容姿ではナンパなんてまず成功しないのは分かり切っています。

女性の知り合いといえば職場の同僚くらいですが、彼女たちは陰で僕を「子豚」と呼んで馬鹿にしており、天地がひっくり返っても彼女になんてありえません。

親友は、コスプレ同好会で彼女と知り合ったと言っていましたが、僕も参加したいというと言葉を濁し、結局、参加させてくれませんでした(本当かどうかも怪しい)。

彼女を作ろうにも、彼女候補になってくれる女性が周りにいなかったのです。

どうやって彼女を探そうかと連日考え、もやもやした気持ちを抱えていたある日、外出先で出会い系の街頭広告を目にしました。

ハッピーメールという出会い系の広告です。

超有名な出会い系なので名前くらいは知っていましたが、「出会い系なんて美人局などの犯罪の温床」だと思い込んでいたので、これまで手を出したことはありませんでした。

しかし、彼女ほしい熱をこじらせていた当時の僕は、「その手があったが」と心の中で頷き、家に帰ると早速ハッピーメールに登録しました。

アングラ感がないことに驚く

登録して驚いたのは、ハッピーメールのクリーンなイメージです。

公式サイトはもちろん、登録後にログインしたサイトも、とても出会い系とは思えないクリーンさでした。

また、直感で利用できるよう工夫されていて、下手なSNSより使い勝手が良いことにも驚きました。

あれこれ触って機能を確認する中で、アダルト掲示板ものぞくと、ここだけは何とも異質な空間で、「The・出会い系」という雰囲気でした。

しかし、それ以外はアングラなイメージはありませんでした。

出会い系のメリット

出会い系の一番のメリットは、本気で出会いを求める女性が多いことです。

ハッピーメールの女性アクティブユーザーは数万人と言われています。

数万人の出会いを求める女性が集う場所なんて、出会い系以外にはありえません。

しかも、コスプレイヤーをはじめ様々な趣味や指向の女性が集まっているので、自分の好みに合った相手が高い確率で見つかります。

また、私と同じようにリアルでは出会いのなかった人や、リアルの恋愛でつらい思いをした人が多いので、気持ちを通い合わせやすいというのもメリットと言えます。

ガチオタが出会い系で女性と知り合う

といっても、出会い系初心者なので、どうやって彼女を見つければ良いか分かりませんでした。

そのため、ネット検索して「Hなコスプレイヤーとのアダルトな出会いを実現する方法!出会えないダメな探し方も暴露」を見つけて熟読しました。

この記事を選んだのは、親友に負けたくないという思いからコスプレイヤーの彼女を作りたいと思っており、また、どうせならエッチなこともしてみたいという気持ちがあったからです。

正直なところ、この時点では彼女ができるかどうかは半信半疑で、とにかく勢いに突き動かされた感じでした。

しかし、出会い系を使い始めて2日目、運命的に今の彼女と巡り合います。

出会い系でやったこと

先に、僕が出会い系でやったことを書いておきます。

出会い系に登録した後に僕がやったことは、次の通りです。

  • プロフィールを充実させた
  • ピュア掲示板から相手を探した
  • プロフィール検索もした

プロフィールを充実させた

出会い系関連の記事に、「プロフィールの充実度で出会える確率が決まる」と書かれていたので、登録後すぐにプロフィールを完成させました。

こだわったのは、さわやかで人当たりが良さそうな「顔写真」と、人となりが分かる自己紹介文です。

デブスはどう写してもデブスなんですが、光の加減や加工によって「安全な人間」に見えるようにしました。

自己紹介文については、次のことに意識して、多くの女性が注目してくれそうな内容を考えました。

  • 経歴は素直に書く(恋愛未経験であることも含め)
  • 敬語を使う
  • オタク趣味があることを書く
  • コスプレ好きであることを書く
  • 趣味として女性受けの良いアニメや漫画を書く

正直なところ、「年齢=彼女いない歴」やオタク趣味は隠しておこうと思いましたが、彼女候補を探す以上、下手に隠さない方が良いと思いなおして書きました。

ピュア掲示板から探した

彼女が欲しかったので、ピュア掲示板の投稿から気になる女性をピックアップし、連絡を取りました。

アダルト掲示板も覗いては見ましたが、エッチな内容ばかりで僕には関係のない世界だと思い、すぐに閉じました。

後から調べたところ、アダルト掲示板は業者やキャッシュバッカーが多くて初心者向きではないことが分かり、結果的には利用しなくて良かったと思います。

プロフィール検索もした

プロフィール検索も利用しました。

ハッピーメールの場合、女性のプロフィールを無料で閲覧できるので、掲示板で良い子がいないときはプロフィール検索で探しました。

住んでいる場所や出会いの目的などを絞って検索すると、希望にマッチする女性がすぐ見つかるので重宝してました。

ただし、プロフィールはあくまで女性の目的や特徴が分かるだけで、出会いの募集があるわけではありません。

女性に免疫がない僕としては、自分から女性を誘う余裕はなかったので、最終的にはプロフィール検索を断念して掲示板一本で女性を探しました。

その結果、ハッピーメールに登録して2日で、のちに彼女になる女性とのやりとりを開始します。

それまでにも何人かにメールを送りましたが、「オタクきもい」と言われたり、「30代で恋愛経験ない人はちょっと…」と言われて断られました。

女性に連絡してやりとりを開始

私がやりとりしたのは、次のような投稿をしていた女性です。

【タイトル】

レイヤーでも良いですか?

【本文】

はじめまして、マイです。

投稿を見てくれてありがとう。

私はコスプレが好きで、全国のイベントや撮影会に参加しています。

なかなか彼氏ができないので、時間があるときに一緒に過ごせる男性が欲しくて投稿しました。

平日は仕事、休日はコスプレイベントで不在がちですが、それでも良いよって言ってくれる人がいたら連絡ください。

あ、コスプレに偏見がない人が良いです。

ここは絶対です。

元カレはコスプレやレイヤーを馬鹿にしてて、それが原因で別れたので、コスプレ嫌いだとうまく付き合えないと思います。

よろしくお願いします。

まず、「コスプレを馬鹿にするとは、どこの馬の骨だ!」という怒りが湧いてきました。

それから、「交際歴があるのか」という不安が押し寄せてきました。

別に交際歴があるとダメではないのですが、自分より恋愛経験知の高い人と果たして付き合えるのかという不安があったのです。

しかし、プロフィール画像(コスプレ時の写真)も20代中盤という年齢もドストライク、しかもコスプレイヤーという好条件がそろっていたので、勇気を出してメールを送りました。

はじめまして、あきおです。

掲示板に投稿されていたのを見つけて、ご連絡しました。

私は、〇市内で〇〇という仕事をしています。

マイさんのプロフィールを見させていただき、趣味が合いそうだったのでメールを送りました。

コスプレ、大好きです。

コミケやイベントでカメコすることもあります。

マイさんの写真を見ましたが、とてもいい表情をされていて可愛かったですし、衣装の完成度も高くて驚きました。

少し年が離れているので不安かもしれませんが、よければメールからやりとりしたいと思っています。

よろしくお願いします。

あきお

小一時間考えて文章を練りましたが、改めて読み返すと恥ずかしい内容ですね…

まあとにかく、この文章を女性に送ったところ、幸運にも返事をもらうことができました。

返事の内容は、「コスプレ好きでうれしいです」、「あきおさんの方こそ、年が離れていても大丈夫ですか?」というものでした。

返事を読んだときは「この子、ええ子や~」と本気で思いました。

同時に「早く返事しないと他の野郎にとられる」と焦って、速攻で返事を送ってやりとりを開始しました。

やりとりが1週間続き…

女性とのやりとりは1週間ほど続きました。

私も女性も忙しく、丸1日何も連絡できないこともありましたが、翌日には普通にやりとりができていました。

お互いの生活、趣味、特技、よく出かける場所などを話し、コスプレ以外にも漫画やアニメの趣味も合うことが分かり、いよいよ期待で胸が膨らみました。

ハッピーメールの無料ポイントは使い果たし、追加で3000円を購入しましたが、やりとりするのが楽しくて気になりませんでした。

会ってみたいという気持ちも膨らみましたが、断られる不安から言い出せずにいました。

そうしたところ、やりとり開始から1週間が過ぎたころ、女性から「一度、会ってみませんか?」というメールが届きました。

心の底から驚いて、勢いで「良いんですか?」と返信しそうになりました。

しかし、ぐっと思いとどまり、「向こうから会おうって言ってきてくれた。これはチャンスだ。」と思い直して、「僕も会いたいと思っていました」と返事を送りました。

その後は、とんとん拍子に会う日や場所が決まりました。

ガチオタが出会い系で知り合った女性と会う

とうとう、会う日です。

女性とデートなんて生まれて初めてなので、思いつく限りの準備を整えました。

待ち合わせ場所周辺のデートスポット(食事処、遊ぶ場所、公園など)やトイレの場所は各10個所以上頭に叩き込み、万が一のためにネットのページをお気に入りに入れました。

デート用の服なんて持っていないので、親友に事情を話してデパートに同行してもらい、生まれて初めてマネキン買いです。

「桁を間違ってない?」と目を疑う金額でしたが、やむを得ません。

帰宅しようとすると、親友から「せっかく良い服買ったのに、髪型がダメ」と言われてヘアーサロンにも連れていかれました。

髪の毛が眉毛にも耳にもかからない髪型なんて生まれて初めてで、店の外に出たときは一目が気になりましたが、親友の彼女の評価は上々だったので、少し安心しました(お世辞でしょうが)。

一目ぼれ

一目ぼれでした。

女性は、予定時間より5分くらい早く待ち合わせ場所に来てくれました。

肩まで伸びるキレイな黒髪、パッチリした二重の目に笑うと頬に浮かぶえくぼ、僕より頭一つ小さく華奢な体つき、若干のアニメ声、どれをとっても理想的な女性でした。

「はじめまして、マイです」と言われた瞬間、恋に落ちました。

客観的に見れば、32のデブスのおっさんが、天使みたいな女性と話しているなんて、異様な光景だったでしょう。

それはもう、ひしひしと周囲の視線を感じました。

しかし、それが気にならないくらい女性の存在がまぶしくて、立ち眩みを起こしそうでした。

いきなりシリアスな展開に

一通り挨拶と自己紹介を済ませた後は、予約しておいたレストランへ行きました。

「個室の方が何かと話しやすい」という助言に従ったのですが、個室に入った女性が「なんか緊張しますね」と口にしたので、脳内で親友を鬼の形相で睨みつけました。

が、結果的には個室で良かったです。

最初のうちは食事をしながら、出会い系の中で話したようなお互いの趣味などの話をして盛り上がりました。

女性も外見に似合わず「とあるジャンル」のガチオタで、私も舌を巻くくらいだったので、お互いに自分の趣味を気兼ねなく話すことができ、楽しい時間でした。

生まれて初めて、女性とLINE交換もしました。

しかし、コスプレの話題になったとき、女性の表情が曇り、下を向いて黙り込んでしまったのです。

掲示板の募集に元カレの話が出ていたので、それとなく水を向けると、静かに事情を話してくれました。

控えめに言っても胸糞悪くて吐きそうになる話で、涙ながらに話す彼女を慰めながら、内心は怒りを抑えるのに必死でした。

事情を一通り話し終えた女性は、「話せてスッキリしました」と言っていましたが、表情は暗く、その後は会話も途切れがちになりました。

会って初日に告白

レストランを出た後、女性を最寄り駅まで送っていくことになりました。

女性に遠慮されて「しつこいと嫌われるかな」と思いましたが、ひどく疲れた様子だったので心配で、適当に理由をつけてついて行きました。

別れ際、「今日は楽しかったです。ありがとう」と言われ、僕の中にある感情が湧き上がってきました。

「あれ、これってもう会えない展開じゃない?」

焦りました。

焦って焦って、また会える方法がないか必死で探しました。

そして、「また会えますか?」と言おうと決めたまでは良かったのですが、余計な接頭辞をつけてしまいます。

「あの、マイさんが好きなので、また会いましょう。」

言った瞬間、「あ、やっちまった」と思いましたが後の祭りです。

元カレの話を思い出して嫌な思いをしている相手に、白昼堂々、駅の改札前という人だかりの中で、最悪としか言えません。

女性はキョトンとした表情になり、しばらく無言でしたが、周囲の目が気になったのか恥ずかしそうに下を向き、「あの、帰ります」とだけ言って改札の奥に消えていきました。

彼女からメールが届く

家に帰った後は、服も着替えず、手も洗わずにベッドにもぐりこみました。

人生最高の日に人生最大の失敗をやらかした自分に、怒りを通り越して呆れました。

本来は帰宅したらすぐ「今日はありがとう」メールを送るべきところ、とてもそんな気持ちにはなれませんでした。

「さっきの、やっぱなしで」的なメールを送ろうかとも考えましたが、あり得ないと思い直して止め、どうしようもなくて夜まで布団の中にこもりました。

知らないうちに寝ていたらしく、気が付くと夜になっていました。

布団から出ようとしたところで昼間の失態が頭をよぎり、再び布団にもぐろうとしましたが、ふとスマホが目に留まります。

見ると、女性からLINEが届いていました。

怖くて見ずに消してしまおうと思いましたが、おそるおそる開きました。

そこには、「今日はとても楽しかったこと」と「元カレの話で嫌な空気にさせて申し訳なかったこと」が書かれていました。

そして最後に一言、「あの、駅で言ってくれたこと、OKです」と添えられていました。

現在

マイさんに交際を申し込んでOKをもらってから、まだ10日くらいしか経っていません。

そのため、もちろん楽しく過ごしています。

まさかデブスの僕が、会った初日に最低の告白をしたのに、OKをもらえるなんて思っていなかったので、毎日、朝起きると「夢じゃないか」と疑うくらいです。

が、現実です。

朝には必ずおはようメールが届きます(マイさんの方が朝が早い)し、昼休みや夜には電話でイチャイチャ話します。

正直なところ、マイさんは元カレのことを相当引きずっていて、寂しさを紛らわせるために僕と付き合った部分も大きいと思います。

それでも、生まれて初めてできた彼女のことは大切にしたいし、元カレのことを忘れるくらい大切にしようと思っています。

タイトルとURLをコピーしました