手マンのやり方:痛くない&気持ち良い手マンをするための注意点とGスポットで中イキさせる方法

AV男優がやるようなマンコをガシガシ掘るような手マンで、女性が感じると思っていませんか?

それ、大間違いですよ。

AVでよく見る激しい手マンを素人がやると、女性に痛みと不快感を与えるだけで、怪我をさせるリスクもあります。

手マンで女性を気持ち良くするには、正しいやり方を覚えることが必要不可欠です。

この記事では、危険な手マンと、女性を中イキさせる正しい手マンのやり方について解説します。

プロフィール
この記事を書いた人
男鹿ひろし

30代ブロガー&ライター|元短小フニャチンの非モテ→チン長UPに半年&モテ話術の習得に1年かけてモテ男に転生|非モテ・モテ両方の視点から実体験に基づく記事を執筆。

男鹿ひろしをフォローする

手マンとは

手マンとは、マンコ(女性器)を手や指で刺激して女性に性的快感を与える行為です。

手とマンコを組み合わせた言葉で、指+マンコで指マンと呼ばれたり、手+オメコで手メコ(関西圏限定)と呼ばれたりすることもあります。

手マンってどこを刺激するの?

名前のとおり、マンコです。

マンコ=女性器ですが、女性器には外性器(クリトリスや膣口など)と内性器(膣や子宮など)があるので、「どこを刺激するのが手マンなの?」という疑問を持つ人が少なくありません。

正解は、マンコのどこを刺激しても手マンです。

クリトリスを弄るのも、指を膣内に挿入してGスポットを刺激するのも手マンになります。

一般的には、後者を手マンと認識している人が多いですが、クリトリスなどの外性器を刺激することも含まれています。

手マンって気持ち良いの?

「マンコに指を突っ込んで刺激されて、気持ち良いの?」と思っていませんか。

答えは、「正しくやれば気持ち良い」です。

AVの影響で間違った手マンのやり方が広まり、それを女性に実践して痛みを与えてしまう男性が多いので、手マンでイケる女性はごく限られています。

次の項目では、危険な手マンについて書いていきます。

危険な手マン

AVの見よう見まねで手マンをしているなら、今すぐ止めてください。

危険極まりない行為です。

AVの手マンは、視聴者を興奮させるための演出で、AV女優が派手にイッたり潮吹きしたりするのは基本的には演技です。

潮吹きについては、事前に大量の水を飲むなど下準備を十分に整えた結果で、手マンすれば誰でもAVのような潮を吹くわけではありません。

AV仕様の手マンを実践しても、女性をイカせられないばかりか、痛みや不快さを与え、あなたとのセックスに悪い印象を持たれてしまいます。

危険な手マンについて、一つ一つ確認していきましょう。

汚い手でマンコに触れる

マンコは、女性の体で最もデリケートな部位です。

そこら中をベタベタ触った雑菌だらけの手で触れると、尿道口や膣内に付着して出血や炎症を起こるリスクがありますし、腰痛や生理不順の原因となることもあります。

また、爪が伸びた状態で手マンすると、爪で膣内が切れて出血するアクシデントも起こりやすくなります。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

自分の唾液を指に塗って手マンをする人もいますが、不衛生です。

ローションを使うようにしましょう。

マンコが濡れる前に指を挿入する

AVを見ていると、キスやボディタッチもそこそこに、濡れる前のマンコに指を挿入するシーンをよく見かけます。

AVでは、最初は抵抗していた女性でも徐々にヨガリだすので、「濡れていなくても気持ち良いのか」と勘違いする人がいますが、そんなことはありません。

視聴者向けの演出で、濡れる前に指を挿入されても気持ち良い女性はまずいません。

無理に挿入すると指の摩擦で強い痛みを感じますし、膣内が裂けて出血や膣炎になるリスクもあります。

指をねじ込む

通常、女性の膣内に無理なく挿入できる指の本数は、2本です。

じっくりと女性の体を刺激して十分に濡らした状態で1~2本で、膣の大きさによっては1本入れるのもしんどいという人もいます。

「せめて3本は入れたい」、「AVでは親指以外は全部入れていた」などと考えて、無理やり指をねじ込もうとする人がいますが、痛みやケガの原因になります。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

SM系の動画を視聴して、フィストファックを試そうとする人もいるようですが、非常に危険な行為です。

フィストファックは、SMの中でもハードプレイの一つで、熟練の技を持った責め手と、十分に体を開発された受け手だけができる特別なプレイです。

素人がやると高い確率で女性にケガをさせてしまうので、絶対に止めてください。

指を抜き差しするだけ

セックスのピストン運動のように、指を抜き差しするだけの手マンもリスクが高いです。

挿入時に爪が膣内に当たって痛く、傷つくこともあります。

男性にとっては手軽ですが、女性に気持ち良さを与えることはできません。

高速手マン

手マンに関するAVの演出で有名なのが、高速手マンです。

マンコに指を突っ込み、目にもとまらぬ速度でガシガシとほじくり回すアレです。

見た目が派手で、AV女性も盛大にイク演技を見せるので、「気持ち良いに違いない」と勘違いしている男性が多いですが、女性にとっては痛いだけの困ったプレイです。

膣内が傷つき、出血や炎症の原因になるので絶対に止めてください。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

リアルでも、高速手マンが気持ち良いという女性はいます。

例えば、女性向け性感エステのエステティシャンには、高速手マンの手練れがおり、意識が飛ぶくらい気持ち良いようです。

しかし、彼らの高速手マンが気持ち良いのは、刺激するポイントを熟知し、正確に刺激できるテクニックを持っているからです。

一般人がマネをしようとしてできるものではありません。

無理やりGスポットを責める

無理やりGスポットを責めるのも、AVの影響を受けた間違った手マンの典型です。

確かに、Gスポットを刺激すると女性をイカせることができますが、正しい方法で刺激した場合に限ります。

Gスポット未開発の女性をいくら刺激しても、違和感や気持ち悪さを感じさせるだけです。

また、Gスポット開発済みであっても、ゴリ押しで刺激しても気持ち良さは与えられません。

AVの見よう見まねで、女性の腰が高く浮くくらい強引に手マンをしても、苦しいだけです。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

AVの影響で間違った手マンを覚えて、それを実践している男性って非常に多いです。

AVの手マンは見ていて確かに興奮しますが、もう少し弊害を意識した演出にしてくれても良いのにと思うことがあります。

気持ち良くならない理由

これらの手マンが気持ち良くならない理由は、手マンで刺激すべき性感帯に触れていないからです(無理やりGスポットを責める手マンは除く)。

強く早くを意識しすぎて痛みを与えているだけで、肝心の性感帯に触れてもいないのでは、気持ち良くなるわけがありません。

正しい手マンのやり方

女性が気持ち良い手マンのやり方を、ステップ形式で書いていきます。

ステップ1:膣内を十分に濡らす

マンコに指を挿入する手マンの場合、事前にたっぷり濡らしておく必要があります。

大切なのは、雰囲気と流れです。

女性は、リラックスできる雰囲気でないと気持ち良くなれないので、まずは女性が気持ちを落ち着けられる雰囲気作りを意識しましょう。

夜景が見えるホテル、ベッドの上での雑談、甘いキスやボディタッチなど、女性が好む方法でリラックスさせたら、全身リップで全身の感度を高めていきます。

全身リップと乳首への刺激を組み合わせると、より効果的です。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

女性の体を弄っていると興奮し、早くペニスに刺激が欲しいと思い始めるはずです。

しかし、女性が手マンで感じるようになるには、20~30分程度かけてじっくり濡らす必要があります。

手マンで女性をイカせられない原因の多くが、ステップ1で女性の感度を十分に高められていないことです。

はやる気持ちを抑えて、丁寧に濡らしてあげましょう。

ステップ2:クリトリスを刺激する

女性の体が敏感に反応するようになったら、マンコに触ります。

と言っても、いきなり指を入れるのはNGです。

ズボンや下着の上からクリトリスに触れたり、マンコにキスしたり、優しく息を吹きかけたりして刺激し、さらに女性の感度を高めます。

女性に「これから手マンされる」という期待感を与えつつ、すぐには刺激しないことで焦らして興奮させるんです。

焦らしのテクニックは前戯の基本なので、ぜひ覚えておきましょう。

ステップ3:外性器を手マンする

いよいよ手マンを始めます。

まずは外性器からです。

  • 大陰茎:指の腹で触れるか触れないかギリギリのフェザータッチ
  • 小陰茎:大陰茎と同じくフェザータッチ
  • クリトリス:フェザータッチに加え、つまむ、ひねる、爪でひっかくなど

フェザータッチは、女性の体を敏感に反応させるテクニックで、イカせるための下準備として欠かせない行為です。

マンコの中で最も鈍感な大陰茎に触れて女性が反応するようになれば、感度は十分に高まっているので、小陰茎とクリトリスの刺激に移りましょう。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

何なら一度、女性をイカせてしまうのもありです。

女性は、男性のようにイク回数に制限がありませんし、イッた後は体の力が抜け、手マンもしやすくなります。

まずはクリトリスの刺激で外イキさせ、手マンで中イキさせるという流れは、女性を虜にする定番パターンです。

ステップ4:膣に指を入れる

膣が十分に濡れているのを確認したら、女性の反応を見ながらゆっくりと指を入れていきます。

最初に入れる指は、絶対に1本だけです。

女性が痛みを感じるリスクを極限まで下げたいなら、まずは一番細い小指を入れて刺激し、問題がなければ中指を入れます。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

メインで刺激する指は人差し指でも問題はありませんが、手の構造と挿入の仕方を考えると、中指の方が動かしやすいです。

挿入したら、膣壁を指の腹でグッグッと押すように刺激し、少しずつ奥へ進んでいきます。

ツボを押して筋肉をほぐすイメージで触れるのがポイントです。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

中指だけ指の根元から折り曲げて挿入すると、動かしやすいですよ。

逆に、中指だけ立てた状態で挿入すると、他の指がつっかえて奥まで入りにくく、動かしにくいです。

中指の第2関節くらいまで入れたら、指をまげてお腹側に触れてみてください。

触れたときに女性が「おしっこをしたい感覚」になれば、そこが手マンで刺激する性感帯「Gスポット」です。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

ザラザラした部位がGスポットだと書いてある記事もありますが、女性のGスポットは必ずしもザラザラしているとは限りません。

ツルツルした感触の女性もいるので、触覚を頼りに探すと見つからないことがあります。

Gスポットというのは、女性が中イキするために刺激する性感帯で、開発するとクリトリスより気持ち良くなると言われています。

Gスポットを刺激するときは、指の腹で圧迫しながらなぞるように触れるのが基本です。

未開発のうちは尿意に似た感覚や違和感に襲われますが、20分くらい指の腹で刺激を続けていると、徐々に快感に変わっていきます。

単調な動きでは飽きられてしまうので、指の腹で押す強さやタイミングを変えて異なる刺激を与えましょう。

注意:手マンでイクとは限らない

手マンでイク=Gスポットの刺激で中イキするということです。

しかし、Gスポットは、未開発のうちは感度が鈍く、いくら刺激しても快感が得られないことも珍しくありません。

Gスポットの刺激で気持ち良くなるには、何度も刺激して快感に慣れさせていく必要があり、初回の手マンでイクことは少ないです。

AVの見過ぎで「何とかして手マンでイカせたい」と思っている人もいますが、無理強いするとその後のプレイに差し障るので止めておきましょう。

手マンはセックスの前戯なので、必ずしも女性をイカせる必要はありません。

女性がほど良く感じてきたら、挿入してセックスを楽しみましょう。

指でポルチオを刺激するのは難しい

手マンに関する記事を読んでいると、指でポルチオを刺激する手マンについて書かれた記事を見かけます。

しかし、ポルチオはGスポットよりさらに奥にあり、指で刺激するのはなかなかハードルが高いです。

ポルチオを刺激したいなら、ディルドやバイブを使うことをおすすめします。

また、ポルチオは女性最大の性感帯ですが、未開発のうちは刺激しても全く気持ち良くありません。

開発にもそれなりの期間を要し、イケるようになるにはGスポットよりも時間がかかります。

手マンのコツ

手マンの流れに加えてコツを知っておくと、女性をイカせやすくなります。

爪は短く切り揃えてやすりがけ

危険な手マンのところでも触れましたが、爪が長いと膣を傷つけるおそれがあります。

必ず短く切り揃えておきましょう。

また、切りたての爪は鋭く尖っているので、やすりをかけて丸くしておくのも忘れないでください。

爪が長い状態で手マンをされると、女性は恐怖を感じ、手マンをされるのが怖くなってしまうことがあるので、くれぐれも爪には注意しましょう。

手マンの姿勢

手マンをするときは、女性にベッドの上に座ってM字開脚してもらうのが基本姿勢です。

マンコ全体がよく見えて指を入れる膣口の位置を目視できますし、指を入れた後に動かすのも簡単だからです。

ただし、同じ姿勢ばかりだとマンネリ化してしまうので、慣れてきたら他の姿勢にもチャレンジしてみましょう。

仰向けに寝る

女性を仰向けに寝かせ、両足を開かせた状態で手マンします。

座っている状態よりもマンコや膣口の位置が見やすく、挿入後も動かしやすいです。

女性にとっても、感じたときの表情を男性に見られにくく、座った状態より恥ずかしさを感じずに済むというメリットがあります。

四つん這い

女性にベッドの上で四つん這いになってもらい、お尻側からマンコを刺激したり、指を入れたりします。

アナルが丸見えになるので、女性に羞恥心を与えたいときや、アナルを同時責めするときに有効な姿勢です。

うつ伏せ

女性に足を開いてうつ伏せに寝てもらい、手マンする方法です。

体を支える必要がないので、女性には楽な姿勢と言えます。

男性は、女性の横か両足の間に座ってマンコを刺激します。

横向きに寝る

女性を横向けに寝かせ、片足を上げさせて手マンする方法です。

正面からだと指を入れにくいので、後ろまたはマンコをのぞき込むような位置で手マンをすることになります。

マングリ返し

マングリ返しというのは、仰向けに寝た女性の両足を持って頭のように引き上げ、腰を浮かせた状態です。

マンコが丸見えになり、至近距離で眺めたりクンニしたりしやすい姿勢ですが、手マンをするには姿勢の調整が必要になります。

立ったまま

肩幅くらいに足を開いて立たせて手マンする方法です。

AVでは、立った状態で手マンされた女性が、快感で身をよじりながら潮を吹くか、イッてその場にへたり込むというのがおなじみの光景になっています。

しかし、リアルで女性を立たせたまま手マンをするのは意外と難しく、手首が痛くなることもあるので初心者には向きません。

同時責め

女性の快感は相乗的に高まることが知られています。

つまり、1つの部位を刺激するよりも、複数の部位を同時に刺激した方が快感が高まり、より気持ち良くなれるのです。

手マンをするときも、他の部位を同時に責めることで女性をイカせやすくなります。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

同時責めは、女性を気持ち良くさせるのに効果的ですが、複数のテクニックを同時に使うことになるので、ある程度の経験が必要です。

未熟なうちに同時責めをしても女性をイカせることは難しいので、まずは、個々の前戯のテクニックを身につけてから実行しましょう。

キス

手マンと同時にできる行為の中で最も手軽で有効なのが、キスです。

唇にチュッとキスする、ネットリと舌を絡めてディープキスをする、全身リップをするなどバリエーションが豊富なので、女性の好みと雰囲気によって使い分けましょう。

乳首責め

乳首は、マンコに次ぐ女性の性感帯です。

女性の正面や横に座って手マンをしているなら、同時に乳首も責めると喜ばれますよ。

乳首の責め方にはたくさん種類があるので、全て試して好みを見つけましょう。

  • つまむ
  • ひねる
  • 引っ張って離す
  • 吸う
  • 舐める
  • 舌先でつつく
  • 甘噛みする

クンニ

手マンをする姿勢によっては、指で膣内を弄りながら、唇や舌でクリトリスを刺激できます。

Gスポットとクリトリスという二大性感帯を同時に正しく刺激すれば、すぐ女性をイカせられるはずです。

クリトリスを刺激するときは、舌でネットリ舐める、チロチロつつく、吸うなど異なる刺激を使い分けるのが効果的です。

アナル

女性を四つん這いやうつ伏せの状態にして手マンをする場合、絶好の位置にアナルがあります。

「お尻の穴なんて汚い」と思っている人もいますが、女性の性感帯の一つなので、あなたに抵抗がなく、女性の了解が得られれば刺激してみましょう。

手マンとは異なる未知の快感の虜になるかもしれませんよ。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

アナルの刺激に抵抗がある人は多いので、事前の了解を得ることは不可欠です。

了解なしに弄ると関係性にヒビが入り、二度と会ってもらえなくなるケースもあります。

私自身も、アナル熱が高かった若かりし頃に失敗し、セフレに逃げられた苦い経験があります。

男性でも苦手な人はいますが、女性の場合はよりデリケートなので、注意しましょう。

まとめ

手マンは、男性から女性への代表的な前戯の一つで、正しい方法でやれば手マンだけでイカせることもできます(中イキ)。

一方で、爪が伸びた状態での手マン、膣が濡れる前の挿入、強くて速い手マンなどは、女性の膣を傷つけ、恐怖心を植え付ける危険な行為なので、絶対に止めてください。

タイトルとURLをコピーしました