出会い系は美人局(つつもたせ)が多い?特徴と恐喝・詐欺被害を防止する方法を解説

韓国籍のキム・ジョンヒ容疑者が恐喝容疑で逮捕された事件は、世間の注目を大いに集めました。

注目を集めた一番の理由は、容疑者が道端アンジェリカさんの夫であったことですが、一部メディアで美人局疑惑が指摘されたことも一役買っています。

この件で一気に認知度が高まった美人局、実は、出会い系が登場した当時、出会い系を利用すると美人局の被害に遭うという噂が流れていました。

現在も、美人局を心配して出会い系の利用をためらう人が一定数おり、出会い系とは切っても切り離せないところがあります。

しかし、10年以上もの間、100以上の出会い系を利用してきた私からすると、出会い系と美人局はいまひとつ結びつきません。

私自身はもちろん、出会い系を利用する知り合いにも被害に遭った人はいないからです。

どうして出会い系と美人局が関連付けられることがあるのでしょうか。

この記事では、美人局とはどんな犯罪なのかと、出会い系における美人局の危険性について解説します。

プロフィール
この記事を書いた人
男鹿ひろし

30代ブロガー&ライター|元短小フニャチンの非モテ→チン長UPに半年&モテ話術の習得に1年かけてモテ男に転生|非モテ・モテ両方の視点から実体験に基づく記事を執筆。

男鹿ひろしをフォローする

美人局とは

美人局とは、男性が妻や彼女に他の男性を誘惑させ、誘惑に乗った男性に言いがかりをつけて金銭を得る行為です。

見慣れない人も多いかもしれませんが、日常的に発生している犯罪なんです。

例えば、道端で女性から声をかけられ、何となくウマが合うので話し込んでいると、女性の恋人を名乗る男性が現れて現金を要求されたなんてケースは珍しくありません。

また、逆ナンしてきた女性とホテルに入ったら、女性の夫だという男性が乗り込んできて、慰謝料や口止め料として金銭を巻き上げられたというケースもあります。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

客観的に見れば、「何で文句を言われないといけないのか」というシチュエーションが多いですし、「本当に彼氏(夫)なのか」と突っ込みたくもなります。

しかし、被害に遭った男性には、女性と仲良くしたという既成事実があるので反論しにくく、言われるままにお金を渡してしまいやすいのです。

美人局の読み方

美人局と書いて「つつもたせ」と読みます。

「びじんきょく」と読む人が多いですが、間違いです。

美人局の語源

美人局は、中国の元時代の書物に、今とほぼ同じ意味の行為として記録されています。

少なくとも元の頃には存在した歴史のある犯罪ということです。

日本読みの「つつもたせ」というのは、博打のイカサマに由来します。

博打でサイコロを入れて振る道具を筒と呼び、イカサマ用に細工した筒を用意することを「筒持たせ」と呼んでいました。

この筒持たせが広い意味の詐欺という意味を持ち、さらに現在の美人局という意味を持つようになったと考えられています。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

「筒」ってペニスやマンコを想起させませんか?

実は、筒が持つ性器のイメージから筒持たせ=美人局の意味になったという説もあるんです。

証明はされていませんが、何となくしっくりくる気がします。

出会い系を利用した美人局(つつもたせ)

どうして美人局と出会い系が関連付けて語られるのか。

結論を言うと、出会い系の利用者が、美人局の被害に遭う事件が実際にあったからです。

出会い系というサービスが登場した当時、男女関係をネタに金を巻き上げる美人局を実行するケースが一定数いました。

出会い系そのものにアングラなイメージもついており、その出会い系で女性に会ったという後ろめたさがあるので、被害に遭っても届け出ず泣き寝入りする人が大半でした。

美人局の加害者は、まさに後ろめたさに付け込んで金を得ていたわけです。

しかし、徐々に通報者が増加し、出会い系を利用した美人局が知られるようになると、運営の監視の目が厳しくなり、逮捕者が出て社会的耳目を集めるようになります。

その結果、美人局のリスクが跳ね上がり、実行する輩が一気に減少して現在に至ります。

とはいえ、今でも稀ですが美人局被害が発生しますし、美人局を警戒して出会い系の利用を控える人も少なからずいるのが実情です。

出会い系を利用した美人局はハイリスクローリターン

出会い系を利用した美人局は、ほとんどがローリターンです。

なぜなら、出会い系の利用者は学生や一般の会社員が多く、大金持ちが少ないからです。

本来の美人局は、ハニートラップで金持ちから金を巻き上げるハイリスクハイリターンな犯罪ですが、出会い系絡みだとハイリターンはほぼ望めません。

出会い系が登場した当時に流行ったのは、ローリスクだった(通報されて検挙・逮捕されるリスクが低かった)からです。

加害者側には、「被害者には、出会い系で女性と会ったという負い目があるから、通報はしないだろう。」という思惑があり、実際、はじめのうちは通報がほとんどありませんでした。

そのため、ローリターンだがリスクも低いという理由で美人局を実行する人が一定数いました。

しかし、徐々に通報件数が増えて美人局の実態が明るみに出たことで、完全にハイリスクローリターンになり、手を出す人が激減しています。

出会い系で美人局をする人の特徴

では、ハイリスクローリターンになった美人局を誰が実行しているのかと言えば、リスクとリターンを考えず、目先の金銭を得ることに注意が集中している人です。

例えば、未成年者や借金まみれの人が、彼女に出会い系で男性と会う約束をさせ、やってきた男性に言いがかりをつけて金を巻き上げるというのは、近年の美人局の典型的なケースです。

出会い系で美人局被害に遭わないようにするには、美人局の可能性のある女性とやりとりしないことに尽きます。

以下、美人局の可能性のある女性ユーザーの特徴を挙げておきます。

18~19歳の女性(未成年)

18歳未満と性的行為をした場合、児童福祉法違反になります。

出会い系を利用した美人局で多いのが、この児童福祉法違法行為を理由に被害者を脅すケースです。

優良な出会い系は18未満の利用を禁止しており、登録を完了するには年齢確認が必須です。

しかし、18歳未満の女性とつるみ、家族などの身分証を使って出会い系に登録させて美人局を実行するケースがあります。

具体的な手順は、女性に男性とやりとりさせ、男性と会って肉体関係を持たせた上で、「18歳未満とセックスしたことをばらされたくなければ口止め料を支払え」と請求するというものです。

18歳未満だと知らなくても肉体関係を持った事実は変わらず、通報されると検挙・逮捕される可能性があります。

そのため、被害者は、逮捕を免れるために口止め料を支払うしかありませんし、自分も違法行為を犯しているので下手に被害届も出せません。

被害を免れるには、少なくとも10代(18歳と19歳)の女性とはやりとりをしないことです。

20代を装った18歳未満の女性による美人局の被害に遭う可能性もありますが、「出会い系に20代で登録していたから10代と思わなかった」と主張すれば説得力があります。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

「年齢確認を徹底している出会い系を利用すれば安心」という記事を見かけますが、間違いです。

年齢確認を徹底しているサイトでも、他人(成人)の身分証で登録されると見破りようがありません。

年齢確認がないサイトや掲示板よりは安心というレベルにとどまります。

割り切り目的の女性

割り切りというのは、金銭的対価と引き換えに肉体関係を持つことです。

割り切り目的で出会い系を利用する女性は多く、悪質な出会い系はもちろん大手の優良出会い系にも少なからず存在します。

割り切りはグレーだと言う人もいますが、女性が成人していても、金銭を渡して肉体関係を持つことは違法行為です。

割り切り目的の女性と会って美人局の被害に遭った場合、加害者側は、割り切りの違法性を強調して口止め料を要求してきます。

男性が女性の夫(事実はともかく設定として)だった場合、口止め料に加えて慰謝料を請求されることがありますし、一度支払うと何度も請求されることも珍しくありません。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

18歳未満のケースも同じですが、加害者側は、被害者の弱みを握ったうえで金銭を要求してきます。

美人局は恐喝や詐欺で金を巻き上げる犯罪ですが、被害者にそのことを指摘されたり反抗されないようにしているのです。

割り切りの誘いに乗らないことが一番の予防策です。

出会い系で女性と会うならピュア掲示板を利用し、金を払って女性を抱きたいなら風俗に行きましょう。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

「ピュア掲示板なんて」と思うかもしれませんが、出会い系で会った女性とムフフな関係になるには、ピュア掲示板からアプローチする方法が確実です。

アダルト掲示板は、業者やキャッシュバッカー、割り切り目的の女性が多く、美人局のリスクもあるのでおすすめできません。

自宅に誘ってくる女性

出会い系を利用している見ず知らずの女性を、初対面でいきなり自宅に招待しますか?

しませんよね。

男性以上に警戒心が強い女性はなおさらです。

アダルト掲示板の投稿を見ていると「私の自宅でエッチなことしませんか」といった自宅に誘う投稿がありますが、美人局の可能性があります。

出会い系の美人局は、男性が女性と一緒に入ったホテルの部屋に押しかけたり、ホテルから出ていたところを呼び止めて言いがかりをつけるのが基本パターンです。

しかし、ホテルの内外は防犯カメラや人の目があるので、どうしてもリスクが高くなります。

そこで、考え出されたのが、最初から男性を自宅に招き入れ、逃げられない状況で金を巻き上げる方法です。

「セックスの途中で夫を名乗る男性が乱入してきて、脅されて財布を取られた」、「セックスした後で男性が出てきて何百万も慰謝料を請求された」などの被害が報告されています。

被害を回避する方法は、自宅に誘ってくる女性とはやりとりしない、これに尽きます。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

セフレ希望や「あなたの家に行っても良いですか?」といった募集も怪しいです。

男性の希望をどストレートに満たす募集は、出会い以外の目的があると疑ってかかるのが出会い系の基本です。

美人局の被害を回避するために注意すること

出会い系を利用した美人局の被害に遭わないようにするには、3つの注意点を守ることが大切です。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

はっきり言って、ハッピーメールPCMAXワクワクメールなどの大手の優良出会い系を利用すれば、美人局の被害に遭う可能性は極めて低いです。

しかし、可能な限りリスクを下げるために、注意しておきたいことをまとめました。

個人情報は出さない

出会い系でやりとりしただけで一度も会ったこともない女性には、個人情報を出さないようにしましょう。

氏名、住所、実家、連絡先、勤務先・学校、婚姻歴、子供の有無などは高度な個人情報で、美人局があなたの弱みを握るために利用する可能性があります。

例えば、既婚者なら「女と会っていたのを奥さんにばらす」、大手企業勤務や公務員なら「職場にばらす」と言って脅されます。

また、背景がはっきり写った写真をアップすると、生活地域を特定されて脅しの材料にされるリスクがあります。

ネット社会においては、「これくらいは大丈夫だろう」と思ったことが致命的な結果を招くことになりうるので、個人情報の管理には細心の注意を払わなければなりません。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

女性とのメールのやりとりだけではなく、プロフや掲示板の投稿にも個人情報は載せないようにしましょう。

美人局の加害者は、他の犯罪集団ともつながっていて、得た個人情報を他に売ることもあります。

そうなると、美人局以外の犯罪に巻き込まれて、日常生活に大きな支障が出る可能性も生まれます。

疑わしきは避ける

掲示板やプロフィールを見て、少しでも「この女性、怪しいな」と感じたら、やりとりは避けましょう。

出会い系と言ってもサイトの向こうにいるのは人なので、意外かもしれませんが、直感が重要な役割を果たします。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

これまでに私が「怪しいな」と感じてやりとりを避けてきたのは、以下のような女性です。

美人局だと断言はできませんが、そうでなくても業者やキャッシュバッカー、割り切りなど望まない相手の可能性は高いと思っています。

  • アダルト掲示板に何十件も投稿している
  • 登録直後に「会いたい」メールを送ってくる
  • セフレになりたいと言ってくる(掲示板で募集している)
  • 自宅に誘ってくる(掲示板で募集している)
  • メールに「プロフ見たよ」と書いてあるのに足跡が残っていない
  • LINEのIDなど個人情報の交換を求めてくる
  • プロフの写真が可愛すぎる・綺麗すぎる
  • プロフの記載が少ないまたは異常に多い
  • 掲示板の投稿と住んでいる地域が違う

未成年は徹底的に避ける

前の項目で、出会い系では未成年とのやりとりを避けるべきだと書きました。

しかし、成人済みだと思ってやりとりしていた女性が、会ってみたら明らかに未成年だったというケースも近年多くなっています。

何が原因なのかは特定できていませんが、パパ活希望の未成年が「未成年で登録すると会ってもらえないので成人で登録した」というケースも増えているようです。

出会った相手が未成年だった(未成年だと思われる)場合、手を出すと違法ですし、美人局が絡んでいれば弱みを握られることになります。

「未成年かもしれない」と思った時点で別れ、その場を立ち去りましょう。

美人局の被害に遭った場合の対処法

どれだけ注意していても、美人局の被害に遭う可能性は0にはなりません。

出会い系以外でも、ナンパや軽い会話程度で言いがかりをつけられる可能性もあります。

落ち着いて主張を聞き、情報収集する

美人局の被害に遭ったら、まずは加害者の言い分をよく聞き、状況を整理しましょう。

加害者側は、考える時間を与えないためにまくし立ててきますが、冷静に聞きとって対応を考えます。

後々のことを考えると、加害者の人数、人相、髪型、慎重、服装、スタイル、声色などを覚えておくことも重要です。

加害者の車やバイクを見つけたら、ナンバープレートの番号や車種を記憶しておきましょう。

金銭要求に対する対応

その場で財布の中身などを要求されたら、素直に渡しましょう。

個人情報(氏名、住所、勤務先、電話番号など)やカードは出さないようにしたいですが、痛い目に遭いそうなら素直に出してください。

渡さないと、激高した加害者に暴行されたり監禁されるリスクがあるので、まずは身の安全を確保することが重要です。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

美人局から金銭を請求されたときは、できるだけ支払いを後回しにするのが基本です。

特に、高額な慰謝料や口止め料を求められた場合、「すぐには支払えない」と言って後日払いを交渉します。

カードを持っていれば、銀行やATMまで連れていかれるはずですが、最低限だけ引き出して渡し、残りは後日支払うと言って粘ります(身の危険がない限度で)。

加害者と別れたらすぐ110番通報

加害者が近くにいないことを確認し、すぐ110番通報します。

被害に遭った時間、場所、被害内容など聞かれた内容に答え、警察官の到着を待ちます。

カード類をとられた場合は、カード会社に利用停止の電話をかけることも忘れないでください。

警察官が到着したら経緯を詳しく説明し、被害届を提出します。

美人局の加害者は、脅迫罪、恐喝罪、詐欺罪の3つに問われる可能性があります。

説明
脅迫罪被害者を畏怖させて金銭を得た場合に2年以下の懲役または30万円以下の罰金
恐喝罪暴力と脅迫で被害者を畏怖させて金銭を奪い取った場合に10年以下の懲役
詐欺罪被害者を騙して金銭や利益を得た場合に10年以下の懲役

恐喝罪や詐欺罪が適用されると、10年以下の懲役となります。

美人局のリスクが少ない出会い系

美人局のリスクが少ないのは、大手の優良出会い系です。

優良というのは、出会い系の運営に必要な各種届出をしており、セキュリティーや個人情報保護がしっかりしていて、登録に年齢確認や電話番号認証が必要なサイトです。

「年齢確認とか面倒くさいな」と思うかもしれませんが、未成年と出会うリスクが低くなります。

偽の身分証を提出されると運営も見抜けませんが、確認なしの出会い系と比べると格段に安全です。

出会い系初心者におすすめなのは、ハッピーメールPCMAXワクワクメールの3つです。

いずれも国内最大級の出会い系で知名度が高く、安全性、使いやすさ、出会いやすさ、コスト、監視体制のどれをとってもトップクラスなので、安心して出会いを探すことができます。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

これらの出会い系を利用すれば、美人局に遭う可能性は極めて低いです。

私は3つ全てを10年以上前から利用していますが、一度も被害に遭ったことはありません。

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは、日本でもっとも有名な出会い系です。

累計2000万人以上が登録している国内最大級の出会い系で、知らない人の方が少ないのではないでしょうか。

登録者数の多さと運営実績に裏打ちされた安全性の高さが評判で、美人局を含む犯罪が発生しにくい出会い系の一つです。

登録には年齢確認と電話番号認証が必要なので、未成年の美人局はもちろん、業者やキャッシュバッカーも安易に登録できません。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

個人的には運営の対応の早さが気に入っています。

援デリ業者やキャッシュバッカーを見かけて通報すると、早ければ即日、遅くても翌日には強制退会などの措置がとられています。

また、有人監視が実施されており、美人局を疑うような掲示板投稿やプロフィールにはビシバシ規制が入ります。

PCMAX

PCMAX

PCMAXは、ハッピーメールと並ぶ国内最大級の出会い系です。

累計登録者数は1300万人を超えており、オールジャンルの出会いが簡単に実現します。

他の優良出会い系と比べてアダルト色が強いですが、登録時の年齢確認や電話番号認証、サイト監視体制の徹底によって、犯罪が起こりにくい環境が整備されています。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

アダルト掲示板には「怪しいな」と思う投稿が散見されますが、気が付くと投稿が消え、投稿者が退会扱いになっていることが多く、運営の監視の徹底ぶりが見てとれます。

ワクワクメール

ワクワクメール

ワクワクメールは、ハッピーメールと並ぶ老舗の出会い系サイトです。

登録者数は750万人以上と1000万人以下ですが、出会いやすさと安全性には定評があります。

また、リニューアルされたサイトの使い勝手が良く、最近は、他の出会い系に乗り換えた人が出戻りするようになっています。

男鹿ひろし
男鹿ひろし

リニューアル前は美人局を疑う投稿が掲示板に散見されましたが、現在は改善されています。

中規模の出会い系ですが、出会いやすさはハッピーメールとPCMAXにひけをとらないと思います。

また、現金キャッシュバック制度がなく、キャッシュバッカーが少ないのもありがたいです。

まとめ

美人局(つつもたせ)は、出会い系が登場し始めた頃には利用者を悩ませる存在でしたが、近年はハイリスクローリターン化して被害が減少しています。

少なくとも、大手の優良出会い系に登録すれば、被害に遭うリスクはほぼないと言えますが、0%とは言い切れないので、被害に遭わないために自衛することは大切です。

タイトルとURLをコピーしました